FC2ブログ
久留米限定バトル(KLB) オフィシャルサイト TOP  > 

2018KLB管理表最終締切期限及び今後のスケジュール

こんばんは。
2018年羽化交換が終わってから"次だ次!!"
そんな思いに駆られ、急にギアがローから
トップギアに入った感のあるチョネです。

表題のご連絡の前にNIGHT FORESTについて
触れたいと思います。

現在35名程度の方から"参加したい!します!"
このところそんな参加表明が続いています。

今のところ、血統別の参加者はYG,SRが断然
22名でトップ!
しかし久留米メインブリーダーは8名のみ。

KLBエントリーメンバーが集結し、互いを
知る機会であり、情報交換の場でもあり、
交流の場と考えているわけですが・・・
参加表明お待ちしています!





さて本題です。
今月末までに2018KLB ♂サイズ1部リーグ
・2部リーグ上位3名の他、各部門優勝者を
こちらで発表します。


それにはまだ管理表の届いていない方から
の連絡を待つ必要があります。
とはいえ管理表到着は8月末迄との期限を
設けております故、管理表がまだ届いて
いない方については9/11をもって最終締切
とさせていただきます。
以降♂個体サイズが仮に上位3名のサイズ
を超えていても無効と致します。
ご了承下さい。
またこちらの告知の他、事務局からも個別
にご連絡をさせていただきます。



2018KLB各部門発表ののち、10月からは
2018KLB・美形コンテストを開催します。

ルールですが
・KLBエントリーライン♂完品羽化個体。
・お一人様1頭のみエントリー対象とする。
・画像は以下を参考にお願いします。







201909042248557be.jpeg



昨年2017・KLB美形コンテストには215名
といった得票数が入り大いに盛り上がりま
した。
美形コンテストの受付は10/1〜10/12まで
その後、閲覧いただいている方含めてどの
個体が美形No.1に相応しいか。
投票いただきます。

KLB美形コンテスト発表は10月末予定です。
2018KLB参加者の方の中で、自慢の個体を
エントリーしたい方は今のうちに撮影と準
備をお願いします。

2本目投入後の管理表報告につきましては
11月中旬を目処にご連絡をお願いします。


今年は上記の予定でおります。
参加者の皆さま、ご確認の程よろしくお
願いいたします。

スポンサーサイト



[ 2019/09/04 22:49 ] KLB 2018 | TB(-) | CM(0)

NIGHT FOREST2019 応募開始!

どうもこんばんは。
事務局の毎月更新記事で、言い出しっぺの法則
に見事ハマってしまい、マツノインセクトプレ
ミアムライン♀をKLBプレゼントとして協賛
することになったチョネと申します。
また2018年ブリードに失敗し、2部リーグか
ら出直しスタートとなりました。


流石に2018年ブリードの虫達には可哀想な
ことをしてしまいました。また私の累代羽化
個体を既にご予約いただいた方もいらっしゃ
いました。

まぁこういう時もあるさ。
などと酒と女の力を借り、悔しくさを紛らす
日々です。
なにか文句ありますか?
このヤロー! この泥棒猫め!!🙀



さて今回はNIGHT FOREST告知記事です。


悠久の時を経て

OOKUWA BLOOD

にNIGHT FOREST告知記事を掲載して
います。内容をご確認の上是非ご参加
下さい!
KLB事務局メンバーに日頃の感謝など
伝えても、伝えなくても構いません。
特にササガス氏だな。
プレス機がないから、眠いからとか
言い訳ばっかりだ。
なんだバカヤロー!

少し酔ってきました。
お休みなさい。

e7400697a14f69a26fb10cb7229f7344 1

[ 2019/08/31 19:54 ] KLB 2018 | TB(-) | CM(1)

IBUさん8月記事

こんばんは。
事務局員のまめたんです。
夏が終わりますね。みなさん補強は順調でしょうか?
今回のIBUさん記事いい個体補強されてますね。羨ましいなと思いました。めっちゃかっこいいです!!
補強といえば、今回のアカデミーでもお世話になっているかっちゃんさんが販売記事アップしていましたね。
背景がしっかりしているマツノ系久留米が入手できるチャンスです!
私も絶賛思案中です笑

BARオオクワ

上記リンクよりご確認ください。

では、IBUさんの8月記事をご覧ください

-――――――――――――――――――――――――-―――
玄関の下駄に日の照る残暑かな(高浜虚子)

IBUです。お世話になります。
まだまだ暑い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

皆様方のツイッター、ブログを拝見していましたら、来季へ向けての補強報告が続々と…

そんな中、私も補強
黒王さん18MI-K14ペア

I8-1jpg.jpg
I8-2.jpg
I8-3.jpg
I8-4.jpg

黒王さん18MI-K17メス

I8-5.jpg
I8-6.jpg

来季の構想を練るのがすごく楽しい!
19年ブリードは訳もわからず、この個体綺麗!かっこいい!だけで決めていましたが、あの血が、この血がと考える楽しみに目覚めた気がします。

立ちはだかるのは予算の壁…
予算内でやりくりするのもまた楽しい(笑)

さて、KLBラインの幼虫たちですが…

順調に食痕出てるもの

I8-7.jpg
I8-8.jpg

食痕無いよ…幼虫大丈夫か…

I8-9.jpg

などと色々。

ちょっとしか食痕出てなかったり、全く見えないものは不安で仕方ないです…
耳を当てて中の様子を伺ったり。
初心者丸出しですね(笑)

そしてこいつ!ダニ!

I8-10.jpg

画像では分かりにくいかもしれませんが、蓋にいっぱい…

ダニにとっても良い環境なので仕方ないですが、見た目いいものではありませんね…

皆さまはダニ対策など、どの様になされているのでしょうか?

ダニマットを敷いてみたり、エタノールで拭き取ったり…頑張って戦っていますが、根絶は無理…

一番恐れているのは嫁さんにダニを見られる事。
バルサン焚かれたらかないません(苦笑)

そんなこんなでいよいよ9月は菌糸ビンも2本目へ。
幼虫たちはどんな成長を遂げているのか。
今からビン交換が待ち遠しいです。
食痕出てない物の中を早く見てみたい!

皆様方のビン交換報告も楽しみにしています。

それでは今月もありがとうございました。

IBU
[ 2019/08/28 23:51 ] KLB 2019 KLBアカデミー | TB(-) | CM(0)

【KLB2019参加者一覧】

事務局のtamushinです

先日は私の記事に沢山の方がご訪問してくださり感謝申し上げます

おかげさまで「罰ゲーム」クリア!!!



お盆休みも終わり、働く!働く!!毎日ですが・・・・・

早い方は、2本目への交換が始まっていますね

詰め作業に、交換に、補強にと休む暇がありませんね




さて、【KLB2019】ですが・・・・・・・

既に参加表明、1本目の交換データのご提出をいただいております

【KLB2018】の最終データ提出、集計の兼ね合いもあり

オフィシャルサイトへのアップロードにはもう少しお時間を下さい



そこで、【KLB2019】参加者一覧を掲載しましたので

ご自身のHNがあるかどうかご確認をお願い致します


2019KLB参加者一覧2



尚、ナンバーは通し番号で、正式な【KLB2019】ナンバーリングにつきましては
8月末期限の2018年羽化報告集計後のオフィシャルサイトアップロード時に
反映させていただきます



更に、最大羽化サイズに変更がある場合はお手数ですが事務局までメールを
お願いいたします





[ 2019/08/25 19:12 ] KLB 2019 | TB(-) | CM(0)

産卵・採卵の一考察3

いよいよ最終日!

3日間、訪問していただきありがとうございます



なんで「卵採り」するの?


S氏とA氏は2017年シーズンから取り組んでいた


私は「何か面倒くさいなぁ~」と今まで通りの「幼虫採り」マットプリカ管理方法!

しかし、羽化結果は目標の85upは2頭出たものの満足できる結果には程遠く・・・・・


何かを変えなければいけないと思い「卵採り」に挑戦!



雑菌を噛まない!?

暴れない!?

羽化率、完品率が上がる!?


本当かなぁ~???



昨年、今年とやってみての感想は・・・・・・

面倒くせ~! 一手間も二手間も掛かるよ!!

 ・仕事から帰宅して毎晩、孵化チェック&データ記録
 ・孵化した幼虫の菌糸プリカ投入&データ記録、ラベル貼り
  ※120菌糸プリカ製作(今年は280個製作)
  ※スペース確保が大変(卵管理スペース、孵化幼虫プリカスペース、菌糸プリカスペース)

これを4/30~5/29まで1か月毎晩欠かさず実施


でも良い事も、新たな発見もありましたよ!!

 ・無精卵、有精卵、幼虫数の把握がしやすい(リカバリーが早くできる)
 ・卵の色、形状、孵化幼虫の良し悪しが確認できる(大きさや元気さなど)

卵が大きなラインや孵化幼虫が大きなラインが存在しましたからねぇ~

昨年、今年と孵化しない卵は数卵、菌糸プリカで★になった幼虫も数頭と非常に成績が良かったです





じゃぁ~!肝心の羽化結果は!??


 kurumedata.jpg

2018年シーズン「久留米」は1ライン

実験的に「幼虫採り」「卵採り」をして経過、結果を比較

No1~No9まで「幼虫採り」、No10~No15までが「卵採り」

如何せん、頭数が少な過ぎる上、♂がたった2頭と話にならない
尚且つ2♂共「卵採り」から・・・・・(涙)

★やB品は全て「幼虫採り」から、暴れの多くも「幼虫採り」から


「能勢」は9ライン

ほぼ卵採りでの幼虫

羽化結果だけを見れば、881を筆頭に85up14頭

昨季の2頭から比べると飛躍的に良くなりましたが・・・・・・・・


卵採りが良かったのか最終ボトルの管理が例年より上手くいったのか???



ハッキリ言って良く解りません!??





3人の仲間たちはどうだったのでしょうか!?


(Y氏)

「卵採りの良い点」
 ・孵化後、マットの雑菌を食わすことなく、菌糸ビン投入ができる
 ・卵から孵化するまでの様子(タイミング)が解る

「卵採りの悪い点」
 ・マット孵化より管理が難しい
 ・温度、湿度の管理についてもマット孵化よりシビア

「2018年シーズン結果・考察」
 ・菌糸交換のタイミングの悪さから大型羽化結果には結びついていない
 ・久留米最大:85.3mm、YG最大:87.1mmB
 ・試行錯誤が必要な上、卵採りよりも菌糸ビンの温度・湿度管理についてもっと考えないといけない


(S氏)

「良い点」
 ・幼虫が産卵木の雑菌を噛まないで済む
 ・ライン飼育予定数がコントロールできる(2週間割出結果から再セット期間が調整しやすい
 ・卵の色、形状、固さで状態の良し悪しが確認できる(楕円形などの卵は孵化しない)
 ・孵化するまでの時間でラインによる成長速度の違いを観察できる
 ・孵化した幼虫の良し悪しを選別できる(偶に発生する未熟児を投入しないで済む)
 ・孵化した幼虫が雑菌を多少噛んでも菌糸プリカ投入で雑菌抜きができる
 ・初令からの菌糸慣れにより、菌糸ボトル投入で★になることを軽減できる
「悪い点」
 ・産みたてで小さく弱い卵は潰してしまうことがある
 ・割り出し時に卵に傷をつけてダメにすることがある
 ・水分調整や交換など手間がかかる
 ・温度帯とスペース確保が必要
 ・孵化後の放置期間を長くできないので定期的な観察が必要で手間がかかる
 ・初令で投入することから★になる危険性が高くなる

「2018年シーズンの結果・考察」
 ・粘菌対策として全工程(ペアリング~菌糸ボトル投入)でマットを使用しないことで
  羽化率向上を目指した
 ・水道水使用によるティッシュ管理を行ったことから若干の青色トリコを発生させてしまった
   (但し、青色トリコはあまり羽化状況には影響がないようである)
 ・雑菌対策として2本目~3本目での黒っぽい粘菌が発生しなかった事から17年と比較して
  羽化率は大きく向上したが、3本目で暴れが発生したラインがあり菌糸の影響か雑菌対策不十分
  かは不明である
 ・雑菌対策として卵採り保管方法で色々試行錯誤しているが、それ以上に菌糸を劣化させない管理方法
  が必要である事も重要である

(A氏)

「良い点」
 ・飼育予定数がコントロールできる
 ・雑菌を取り込む前に菌糸投入ができる
 ・孵化する様子を観察でき楽しめる
 ・卵の大きさ、艶などライン別に確認できる
 ・孵化した幼虫の様子を観察できる(小さい、弱々しいなどは印をつける)

「悪い点」
 ・一手間掛かる
 ・毎日孵化チェック、水分調整や腐敗確認、交換が必要
 ・菌糸プリカ費用とスペース確保
 ・頭数を採る場合の材の追加投入が必要
 ・ど初令で投入するので菌糸に巻かれて★になる場合がある

「2018年シーズンの結果・考察」
 ・2017年はラインにより
  A:卵採り→菌糸プリカ→1本目菌糸ボトル
  B:幼虫採り→マットプリカ→1本目菌糸ボトル
  の2パターンで飼育したが、87mm以上の個体はAパターンの方が多く羽化した
  また、雑菌を噛むと良く言われるが、Aパターンの方が暴れも少なかった(偶然?)
 ・2018年は全てのラインで
  卵採り→菌糸プリカ→1本目菌糸ボトルで飼育した
  各ラインで暴れが出た上、羽化後、2週間後、3週間後に★個体も出た
 ・雑菌対策としての卵採りも必要だが、それ以上に菌糸の選択とその菌糸を劣化させない飼育が重要
  だと感じた
 ・孵化した幼虫は自分の卵の殻を食べますが、食べる前に投入した幼虫もたくさん居た。この辺りが
  免疫力やその後の成長にどう影響しているかは不明であり、まだまだ試行錯誤してブリードを楽しむ
  のが1番かと考えます










 皆さん、如何だったでしょうか!?


 今はブリード情報が溢れていますね!

 色々な情報に振り回されることなく、惑わされることなく

 色々と試行錯誤してこそブリードの醍醐味!

 自分なりの仮説と実行、検証、考察が楽しい!!


 『エンジョイ!オオクワブリード!!』



 記事のために協力してくれたyymaverick氏、SHIGE氏、アトム氏に感謝します


 そして、3日間、拙く面白みのない文章にお付き合い下さったブリーダーの皆様に深く感謝いたします

[ 2019/08/19 00:00 ] KLB 2018 | TB(-) | CM(0)
KLB 入力フォームダウンロード
入力フォームのダウンロード方法
ダウンロード(クマモン)
管理表送信マニュアル
KLBメールフォーム
飼育管理表は下のリンクから送信下さい
Twitter Link
エントリーナンバー順
 No.1 skipさん
 
No.2 sendoさん
 
No.3 チョネさん
 
No.4 クマモンさん
 
No.5 主水さん
 
No.6 MoperDorcusさん
 
No.7 yymaverickさん
 
No.8 juke2331さん
 
No.10 mindorさん
 
No.11 クワじいさん
 
No.12 カレントワさん
 
No.14 tamushinさん
 
No.15 くわがたの里さん
 
No.16 リョーパパさん
 
No.17 ashtakaさん
 
No.18 まめたん@まめ屋さん
 
No.19 REGAさん
 
No.21 pajero1goさん
 
No.22 Luna solさん
 
No.23 taku kuwaさん
 
No.24 ゆのあんさん
 
No.25 kiyoさん
 
No.26 KAZUさん
 
No.27 taku KAWARAさん
 
No.28 タケセイヨウさん
 
No.29 M'sさん
 
No.30 RKKCさん
 
No.31 ササガスさん
 
No.32 katwoさん
 
No.33 ゆきんこさん
 
No.34 くるぶしさん
 
No.35 Tomoyaさん
 
No.36 野さん
 
No.37 虎っ太さん
 
No.38 めがねのクワガタ垢さん
 
No.39 カブクワクンさん
 
No.40 ま~たんさん
 
No.41 さそり座さん
 
No.42 soraさん
 
No.43 Hakurinさん
 
No.44 マツノシンさん
 
No.45 スターチスさん
 
No.46 めんTさん
 
No.47 東のコバヤシさん
 
No.48 ゆとさん
 
No.49 彩川 鰤さん
 
No.50 Naoさん
 
No.51 Johnny the 30さん
 
No.52 きのこ@旧あっぷるさん
 
No.53 orz_GOLD_orzさん
 
No.54 Kuwa-Dropさん
 
No.55 SHIGEさん
 
No.56 アトムさん
 
No.57 キムクワさん
 
No.58 坂本雄太さん
 
No.59 ジャスタウェイさん
 
No.61 kuriさん
 
No.63 MJ@小江戸さん
 
No.64 datsさん
 
No.65 森の妖精さん
 
No.66 エムジェイさん
 
No.68 ヤマちゃんさん
 
No.70 りゅうたろすさん
 
No.71 いわむぅ-さん
 
No.74 わきたけさん
 
QRコード
 QR