FC2ブログ
久留米限定バトル(KLB) オフィシャルサイト TOP  > 

管理表提出一旦ストップ!のお願い

どうもこんばんは。事務局チョネです。
2020KLBは昨日6月末が幼虫投入の期限でした。
参加条件の第一関門である幼虫採取。皆様は無事に
クリア出来でしょうか?
無事にスタートラインに立てた参加者は、これから
7月末を期限とする管理表提出に向け準備を進められ
ているものと存じます。

現在事務局では2020KLBアップロード方法について
効率化に向けて運営の議論を重ねておりますが、
鶏が先か卵が先か?
すみません。一旦管理表の提出をストップして下さ
い!!管理表作成の手順を変更させていただく可能
性があります。


尚、既にこれまで提出いただいた方はこの限りでは
ありませんのでご安心下さい。
提出者はまだそれ程多くはありませんので、事務局
にて対応させていただきます。

ということで。次の発信があるまで、今暫くお待ち
下さい。🙇‍♂️
スポンサーサイト



[ 2020/07/01 20:42 ] KLB 2018 | TB(-) | CM(0)

IBUさん5月記事

こんばんは。
事務局員のまめたんです。
そろそろ羽化確定の時期ですね。
かっちゃんさん、黒王さんはすでに88画像アップされていましたね。
超大型個体がどこからどのくらい出てくるのか。期待膨らむと同時に補強シーズンがくると心配になります笑
補強は情報戦どこから買うか何を狙ってるかはもう既に妄想膨らんでます。
とりあえず、私は今季、大きいのが出ると予想しているmindorさんからは買います。
他にも何名かから買いたい虫が・・・
被らないように計画的にいい虫補強したいなと思ってます。

話はそれまくりですね。
では、久留米魔人 IBUさん5月記事どうぞ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
薄暑来ぬ 人美しく 装へば
(星野立子)

徐々に過ごしやすい気候となり、幼虫たちの装いも変わってきました。
まだオスを無事に羽化させた事が無い私、IBUです。

5月に入り、徐々に蛹化するものが出てきました。
うまく体重をのせれなかった個体や暴れてしまった個体と、蛹のサイズは何とも期待できそうにない物が多いですが・・・

大きそうな蛹室を作る個体もあり、これは!などと心躍らせておりましたが・・・

I5-1.png

後脚が明後日の方向に・・・(涙)

I5-2.png

蛹のサイズも思ったほどではないような・・・
流石にほりほりする勇気が持てないのでこのまま放置です。

さて、我が家では2020年の割出しが進んでおります。

I5-3.png

良さそうな卵を見つけると安心しますね。

I5-4.png

プリンカップ?ナニソレ?
躊躇いもなく孵化したものからビンに投入していくスタイルです!

が、やはり産まないメスは産まない!
再ペアリングしても産まない!
期待していたラインほど産まない・・・

i5-5.png

そう言えばこんなのが有りました・・・(汗)

とは言え、KLB2020には無事参加できそうです!

来月は羽化ラッシュ!(多分)
笑顔でいられるか苦笑いか・・・
IBUの戦いはまだまだ続く!    -完-

それでは皆様、今月も有難うございました!

IBU
[ 2020/07/01 01:19 ] KLB 2019 KLBアカデミー | TB(-) | CM(0)

HITOさん4月記事

事務局員のまめたんです。
HITOさん4月記事です。
アカデミー生の羽化報告がツイート上がってますね。
体重アベレージは高かったのですが、なかなか大型羽化とはいなかいようですね。
羽化報告まで楽しみに見ていきましょう。
では、4月記事どうぞ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月にコロナウイルスにより緊急事態宣言が出され、日本国中が外出自粛や営業自粛となり大荒れの日々にこれから世の中どうなるんやろと色々考えてしまう毎日です。

人間の世界は本当に大変ですが、ウチの幼虫達は緊急事態宣言となる暴れも一旦落ち着き、少しづつ蛹化への準備をしてくれている様子。

3月中旬より徐々に昇温し、4月初旬には23℃に到達。この記事を書いている5月2日(汗)には24.0〜24.5℃で、湿度は60〜70%の間をキープする管理をしています。
今は24〜24.5℃ですがこの期間は短めにし、ある程度落ち着いたら23℃代に落とす予定です。あまりにも温度が高過ぎると菌糸が保たないかもしれないのが理由です。

現在のボトルの様子です。
3本目交換時の体重2番目の個体です。

H4-1.png
H4-2.png

3本目交換時は38g。
最大個体は暴れましたが、2番目はなんとか暴れずに頑張ってくれています。

写真はボトルの左右側面から撮影した写真です。見る限りではボトルいっぱいに蛹室を形成してくれそうなので、サイズが期待できるかもと思っています。
そう簡単に良いサイズは出ない事は重々承知していますが、期待しちゃいますね。
(写真撮影の時点では蛹化してるかは不明。。なので、セミ化したら目も当てられませんが)

他には、ボトル底部に部屋を作った雌。

H4-3.png

底に作ってしまったので、ボトルをひっくり返して管理です。これぐらいなら羽化不全は大丈夫そうかなと考えています。

最後に、暴れにより4本目に交換したNo.7の個体は未だ食痕無し。

H4-4.png

ん〜、どうなってるんでしょう。。。
中を確かめたら、どデカイ蛹室だった!って言うのが理想で、最悪は死んでるって感じでしょうか。

まだまだトラブル多数だと思いますが、後は羽化までは見守るしかない状況ですね。

GWはステイホームなので、のんびりとクワ活したいと思います。来期のペアリングをも終わりこの記事を書き終わった頃から産卵セットに投入予定です。

終息が見えないコロナウイルスですが、なんとか頑張って今期の羽化と来期の準備をこなしていきたいと思います。

皆様も大変な時期だと思いますが頑張っていきましょう〜!!
[ 2020/06/25 23:49 ] KLB 2019 KLBアカデミー | TB(-) | CM(0)

IBUさん4月記事

投稿が遅れております。すみません。
事務局員のまめたんです。

今更の4月記事の投稿です。いただいている記事まで連日もしくは2日おきに投稿していこうと思います。

あ、業務連絡です。
KLB管理表のエラー報告をいくつかいただいています。スマホ版だとセルのロックや形式が変わったりしてエラーしているようです。
スマホ版使っていておかしいな?と思う方いましたら、お気軽にまめたんにDMください。
あんまり多く来ると順次返答になるかもしれませんが笑

IBUさん4月記事どうぞ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

桜狩り 奇特や日々に 五里六里
(松尾芭蕉)

何かと自粛自粛と息苦しい日々を過ごしております。
毎年家族で桜を見に行くのですが、今年は近所の桜を散歩がてらに眺めるだけ。
わざわざ車を走らせて花見に行かなくても、近所にきれいな桜が結構あるなぁと再確認できました。
あ、向こうにも桜・・・あっちにも!
ウォーキングの距離が長くなります。
たまには運動もいいですね。

だがお前らはダメだ!

先月に引き続き、今月ブログも暴れ画像をお楽しみください。

お世話になります。IBUです。

Twitter等を見ると、先輩方も苦戦されておられるようで・・・

I4-1.png
I4-2.png
I4-3.png
I4-4.png

暴れる個体と暴れない個体の差は何なのか。
微妙な温度、湿度差?菌糸の詰め方?
単に個体差?

何れにせよ暴れは精神衛生上良くないですね・・・。

しわしわになってきた幼虫もいますので、そちらを楽しみに気持ちを切り替えます。

先輩方の2020年度幼虫予約の情報を目にするようになってきました。
いいなぁ・・・欲しいなぁ・・・
財布の中を眺めて、そっとサイトを閉じました。

I4-5.png

また、本当はもう少し後に組む予定だった産卵セット。
我慢できずに・・・

こういうのがダメなんでしょうね。
やることがないとついつい・・・
自分が決めたスケジュールくらい守れるようにしていきたいです。

なにかと息苦しい生活を送っておりますが、せめて幼虫たちには快適な環境を与えてあげなければ・・・と暴れたビンを眺めながら今月ブログを締めさせていただきます。

皆様、今月も有難うございました
[ 2020/06/24 00:06 ] KLB 2019 KLBアカデミー | TB(-) | CM(0)

2020KLB管理表提出についての注意点


どうもこんにちは。事務局チョネです。
今年も6月中旬となりましたので、羽化個体報告が続
く時期となりましたが、皆様のところでは如何でし
ょうか。

有望な大型血統さえ手に入れば特大サイズは約束さ
れている。久留米でいえば1部リーグの基準サイズで
ある85ミリアップを兄弟含めて複数頭。
出来たら86ミリアップの個体を掌に乗せてみたい。
願うことなら87ミリ以上が出てきてくれないか?

これがですね。何年も飼育されている方はお分かり
でしょうが実際にはそれ程簡単にはいきません。
特に羽化ステージはこれまで1年の集大成。それだけ
に期待値も高く、巷の羽化情報にも翻弄され "こん
な筈では・・・" そんな経験をされる方も多いことで
しょう。

しかしブリードを続けていますと、中には良い意味
で期待を大きく上回る羽化個体との出会いもあるん
です。これがあるから辞められないという。

またこの趣味の世界で楽しさ、嬉しさを共有できる
存在は"家族"というわけにはなかなかいかず。
残念ながらウチの場合虫だけにムシですから。^^;

自慢の個体が誕生した場合にはですね、頑張った虫
をそれぞれ所有のSNS媒体で思いっ切り披露して下
さい。自慢の子をスポットライトへ!KLBもそんな
舞台のひとつです。





さて本題です。
事務局アップロード担当より2020KLBの管理表・系
統表が完成しています。KLBブログトップ画面をご
確認下さい。

・KLB入力フォームダウンロード
・2020データ入力フォーム
こちらからダウンロードして下さい。
必要事項を入力の上、KLBメールフォーム宛に送信
をお願いします。


ここで管理表提出をいただく前に、以下の注意点が
ございます。

①管理表(系統表)は2019年度羽化個体が固まり、羽
化サイズが確定してからの提出をお願いします。

※KLB初参加の方は今年羽化した個体を含め、久留米
産地で過去85ミリ以上を作出された方は1部リーグ
となります。そのため今年羽化の結果次第では、1部
リーグの参加か、2部リーグからの参加となるかどう
かは今年の羽化サイズが確定しなければ分かりませ
ん。そのために羽化サイズ確定後に提出をお願いし
ています。

今年2部リーグから参加されている方についても同様
です。KLBエントリーラインに限らず自己ブリード
から85ミリ以上を作出した場合には1部リーグ昇格
となります。

今年1部リーグで参加されている方についてはルール
上、"KLBエントリーライン"で85ミリ以上を作出来
なければ1部リーグから→2部リーグへと降格になり
ます。そのため同じくサイズ確定後に提出をお願い
する次第です。



②管理表送信時、"メールアドレス"を忘れずに入力
して下さい。

20200618082223083.jpeg



③これも注意点ですが、2020データ入力フォーム
をダウンロードする際にはiPhoneやiPadの場合、
zipファイルを開くためのアプリ(解凍するため)が必
要となります。

ダウンロードが出来ない場合はファイル解凍アプリ
を取得してから再びお試し下さい。

・ファイル解凍アプリサイト
https://app-liv.jp/business/documents/1338/




・2020年度KLB参加者スケジュール

2020年幼虫投入期限:6月末
2019年度羽化個体サイズ確定

管理表・系統表提出期限:7月末
管理表提出・3本目投入後:2月末
管理表提出・羽化サイズ確定後:8月末

20200424191247fe0.jpg




管理表フォームも2019KLBから変更点があります。

・所在地お住まいの地域(◯◯県)記入欄追加
※70名を超える参加者がいるので、お住まいの地域が
分かると、親近感が湧き参加者同士の交流にも繋が
るものとして追加しました。

・初投入日・カップ記入欄追加
プリンカップに投入後、1本目菌糸に入れる方が多く
またブリード期間の管理にも役立つものと追加して
います。孵化後1本目に投入する方はこれまでと同じ
ように1本目の日付・菌糸欄から入力願います。



・系統表について
系統表ですがKLBエントリーラインは素性の不明な
個体はNGとの観点から系統表を記入いただいてい
ます。両親までの情報は必ずご記入下さい。
祖父母の情報については分かる範疇のご記入で構い
ません。

・エントリー個体画像
最後に管理表に掲載するKLBエントリーラインのオ
オクワ画像について。折角の機会ですので撮影用と
してより格好良い個体画像を撮影し、掲載してみて
は如何でしょうか。ドルクス系の黒のボディは表現
しづらいかもしれません。
KLBエントリー提出画像ですが、真上から全体が入
るよう正面で撮影します。

・撮影環境
屋外と室内の2つに分けられますが、個人的には光
が当たりやすい環境で撮ることがオススメです。
白い模造紙の上は被写体の影が入りやすいですが
オオクワガタは黒色のため、ハッキリとした画像に
仕上がります。私は影が写り込むのが面倒なのでコ
ルクボードに載せ撮影するケースが殆どです。


・光の当て方
個体を綺麗に撮影するには最も重要なポイントで
す。屋外ですと太陽が被写体全体に光が当たるた
め鮮明な写真を撮ることができます。私自身は屋外
の曇りの日が早朝の時間帯に撮影しています。


・撮影機材
私の場合はマクロに強いコンデジを利用していまし
たが、最近はiPhoneで撮影をしています。
(ビークワ記事もiPhone画像)
ピンボケですと個体の良さが全く伝わらぬためベス
トショット画像に挑戦してください。


・動く個体の撮影方法
オオクワガタも色々と個性があり、おとなしく撮影
するものもいれば動きまわるものもいます。
おとなしく撮影する個体の場合、頭が下を向かぬよ
う撮影を心がけて下さい。
また動きまわってどうしようもない個体の処置です
が、私の場合撮影前に水の中に暫く入れてしまいま
す。大抵は30秒程度で暫く大人しくなりますね。
それでもダメな場合は冷蔵庫に1分程度入れてしまい
ます。暫くすると再び動きまわるので、速やかに何
枚も撮った中からベストショットを選びます。

特に初参加の方は2019KLB参加者の中にも格好良い
個体画像を載せている方がおられるので、是非とも
ご参考にされてみては如何でしょうか。


[ 2020/06/20 07:43 ] 連絡事項 | TB(-) | CM(0)
KLB 入力フォームダウンロード
入力フォームのダウンロード方法
ダウンロード(クマモン)
管理表送信マニュアル
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
KLBメールフォーム
飼育管理表は下のリンクから送信下さい
Twitter Link
エントリーナンバー順
 No.1 skipさん
 
No.2 sendoさん
 
No.3 チョネさん
 
No.4 クマモンさん
 
No.5 主水さん
 
No.6 MoperDorcusさん
 
No.7 yymaverickさん
 
No.8 juke2331さん
 
No.10 mindorさん
 
No.11 クワじいさん
 
No.12 カレントワさん
 
No.14 tamushinさん
 
No.15 くわがたの里さん
 
No.16 リョーパパさん
 
No.17 ashtakaさん
 
No.18 まめたん@まめ屋さん
 
No.19 REGAさん
 
No.21 pajero1goさん
 
No.22 Luna solさん
 
No.23 taku kuwaさん
 
No.24 ゆのあんさん
 
No.25 kiyoさん
 
No.26 KAZUさん
 
No.27 taku KAWARAさん
 
No.28 タケセイヨウさん
 
No.29 M'sさん
 
No.30 RKKCさん
 
No.31 ササガスさん
 
No.32 katwoさん
 
No.33 ゆきんこさん
 
No.34 くるぶしさん
 
No.35 Tomoyaさん
 
No.36 野さん
 
No.37 虎っ太さん
 
No.38 めがねのクワガタ垢さん
 
No.39 カブクワクンさん
 
No.40 ま~たんさん
 
No.41 さそり座さん
 
No.42 soraさん
 
No.43 Hakurinさん
 
No.44 マツノシンさん
 
No.45 スターチスさん
 
No.46 めんTさん
 
No.47 東のコバヤシさん
 
No.48 ゆとさん
 
No.49 彩川 鰤さん
 
No.50 Naoさん
 
No.51 Johnny the 30さん
 
No.52 きのこ@旧あっぷるさん
 
No.53 orz_GOLD_orzさん
 
No.54 Kuwa-Dropさん
 
No.55 SHIGEさん
 
No.56 アトムさん
 
No.57 キムクワさん
 
No.58 坂本雄太さん
 
No.59 ジャスタウェイさん
 
No.61 kuriさん
 
No.63 MJ@小江戸さん
 
No.64 datsさん
 
No.65 森の妖精さん
 
No.66 エムジェイさん
 
No.68 ヤマちゃんさん
 
No.70 りゅうたろすさん
 
No.71 いわむぅ-さん
 
No.74 わきたけさん
 
QRコード
 QR