FC2ブログ
久留米限定バトル(KLB) オフィシャルサイト TOP  >  2019年08月05日
月別アーカイブ  [ 2019年08月 ] 

菌糸の培地と種菌

こんばんは、KLB事務局 リョーパパです。
昨日に引き続きの更新です。
といってもたいしたことは書けませんが(^_^;)。
今日は菌糸について素人なりに書いてみます。
間違っている事も多々あると思いますので、お気づきの方はコメント欄からどしどし突っ込んでください(笑)。

・培地(オガ)
ブナ・クヌギ・エノキあたりがメジャーかと思います。
オオクワの大型血統ではやはりブナが実績があるようです。
じゃあブナ一択か、と言うとそうではないと思ってます。
ブナは他の樹種に比べ持ちの点では劣る気がしてます。
ブナに他の広葉樹をミックスしたものなども存在します。
ブリーダー個々で当然飼育環境が違いますから、自分にあったものを見つけられるといいですね!。

別問題として、困ったことに現状ブナのオガがかなり入手難になっているようです💦。
近い将来、ブナだけを使った菌糸はかなり値上がりするかもしれませんね(^_^;)。

・種菌
こちらはちょっと前まではオオヒラタケが主流だったと思います。
が、今年は1本目からカンタケを使われているブリーダーがかなり多いと予想されます。
カンタケというと低温菌で夏場の温度では厳しいという印象がありましたが、今のカンタケはある程度高温に強くなっているようです。
元々が低温菌ということもあり冬場もきのこが出にくいというメリットもあります。
今まで1本目からカンタケを使用されてる久留米ブリーダーはほとんどいないと思いますので来年の羽化がどうなるか楽しみではあります。
他にもシワタケ等別の菌もありますが、オオクワで使われている方はほとんどいないと思われますので割愛します。

・じゃあどれが一番いいの?
この答えは私が一番知りたいです(笑)。
こればかりは各ブリーダーの飼育環境によっても変わってくるのではないかと思います。
とはいえ、やはり王道というものは存在します。
そこで役に立つのが2018KLBのデータです。
トップブリーダーがどんな菌糸を使っているのか?。
どの菌糸が一番体重が乗ってそうか。
特に今年から始められたような方は色々データを見比べてみることをお勧めします。
スポンサーサイト



[ 2019/08/05 21:39 ] KLB 2018 | TB(-) | CM(0)
KLB 入力フォームダウンロード
入力フォームのダウンロード方法
管理表送信マニュアル
Access Counter
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
KLBメールフォーム
飼育管理表は下のリンクから送信下さい
QRコード
 QR