FC2ブログ
久留米限定バトル(KLB) オフィシャルサイト TOP  >  2019年08月07日
月別アーカイブ  [ 2019年08月 ] 

HITOさん7月記事

こんばんは。事務局員のまめたんです。
8月がKLBブログが熱い!
事務局員による記事が連投されます!乞うご期待!

HITOさん記事の円形のアオカビ
投入穴の形に出ますよね。タイベストが薄いんだなーと思います。
生の状況を見られるのもアカデミー記事のいいところですね。

――――――――――――――――――――――――――
KLBアカデミーに参加させていただいているHITOです。

今月のご報告は、まめたんさんが言われていた魔の7月なんで。。。(笑)
産卵後、産まれた幼虫は菌糸瓶に投入済み。
なのでクワ作業は全くなし。と言う事は、書くことが無い!!

予想していたことながら、これが魔の7月か!そして8月も10月・11月と続きそうです(汗)

悩む日々が。。。(笑)


なんて、弱音を吐いている場合じゃないですね。
気合いを入れて、大きくなるよう努力しつつ考えながら飼育したいと思います。

菌糸瓶に投入した幼虫ですが、半分以上は菌糸ボトル側面に食痕が出ていないので、生存しているかどうかも分かりません。
食痕が出ているボトルは生きているなと確認出来るので一安心です。

H7-1.jpg

中にはすでに★になっている個体をいるかもしれませんが、ある程度順調に進んでいると感じています。
トップブリーダーさんのように大きくなっているかは微妙かな。。

割り出しから菌糸ボトルに投入したのは、早めの5月下旬から6月上旬にかけてです。
投入し終わった今現在は、自作冷温庫内で24.5度〜25.5度の温度帯で管理しています。

ここで自作冷温庫の紹介をしたいと思います。

H7-2.jpg

H7-3.jpg

全体のサイズは、小屋内部で縦約182cm×横約115cm×奥行約65cm程度で、冷媒は間冷式冷蔵庫130Lクラス。ヒーターはパネルヒーターです。
他には、USBファンや加湿器、ニューマリンズ製のサーモコントローラー、ANDの温湿度計、換気口を装着しています。
素材は内部にスタイロフォームで断熱し、両側を厚めの合板で挟み込んでいます。細かな点はblog(https://blog.goo.ne.jp/dorcus-51 )を見ていただければと思います。

KLBに参加されている方はほとんどエアコン管理だと思いますが、これからクワガタブリードを始めたいなと考えられておられ、エアコンは無理かもと思われる方や、冷やし虫屋やワインセラーを沢山用意出来ない方の参考(反面教師?)にでもなればいいと思うので1年間頑張って結果を出せたらと思います。

自作冷温庫ですが、幼虫に対して適温だと言われている25度前後は維持できています。ただ、ファンや冷蔵庫の作動音がする為に、エアコン管理等による静かな環境を保つ事はできなく、その点が幼虫にどのような影響を与えるかが不安な所ですね。

今回の記事を投稿するまでの温度変化をグラフにしてみました。
記録した冷温庫内の温度と、神戸市の最高・最低気温のグラフです。

H7-4.jpg

H7-5.jpg

グラフにするとよくわかります。外気温の変化にほんの僅かですが冷温庫の温度も左右される事が判明。0.1度単位の変化ですが、日々の温度が上下するのは好ましくないと考えます。出来るだけ抑えたいと色々としてみましたが、中々難しいです。エアコン管理の方が部屋内での温度差をサーキュレーター等を使用して、どの程度の差に抑えて管理されているか気になるところですね。

冷温庫内の温度は、そこそこ予定通りの推移で一安心だったのですが、菌糸ボトルはラックに設置した場所によって菌糸の状態が微妙に違ってます。
場所によっては、

H7-6.jpg

こんな感じで状態の悪そうなものも。
(KLBラインでは無い他のラインです。)
なんとか2本目交換まで維持しようと考えていますが、幼虫の成長には如何なものかと。
皆さんどのくらいなら許容範囲で、どれぐらいから交換した方が良いとかあるんですかね?

あと、食痕周りや上部に青カビが発生したものがあるので気になります。

H7-7.jpg

菌糸瓶は既成の物を購入し、冷温庫に保管し始めた時には菌糸の活性と冷温庫内の湿度や風の影響からか菌糸の上部表面に小さく綿毛のような青カビが発生するものもありました。

H7-8.jpg

その時は少し蓋を開けたり、蓋を拭いたりしてカビを即取り除いた(ボトル全部ではありません。数本です)のですが、いつ再発生するかヒヤヒヤしてます。
管理が出来る方はこんな事思わないんでしょうが。。。
体験して勉強するしかないですね。

とりあえずKLBラインの菌糸ボトルについては安定してそうなので、スクスクと育ってくれることを祈るばかりです。

長々と失礼しました。

次は8月。
今度こそネタ無しな予感。。。
スポンサーサイト



[ 2019/08/07 01:09 ] KLB 2019 KLBアカデミー | TB(-) | CM(0)
KLB 入力フォームダウンロード
入力フォームのダウンロード方法
管理表送信マニュアル
Access Counter
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
KLBメールフォーム
飼育管理表は下のリンクから送信下さい
QRコード
 QR