FC2ブログ
久留米限定バトル(KLB) オフィシャルサイト TOP  >  2020年02月

KLB2020応募受付開始


どうもこんにちは事務局チョネです。

皆様、体調は万全でしょうか?
しかしこれ程までに新型コロナウィルスが蔓延する
ことになろうとは予測していませんでした。

そんな中、事務局では2020KLB開催に向け着々と準
備を進めておりました。

本日より2020KLBの応募(参加表明)を開始します!

応募方法は以下KLB概要をご確認下さい。
年間スケジュール表も作成しています。
合わせご確認下さい。


また今回からKLBを盛り上げるため、心強い有志の方
にKLB宣伝の協力をお願いすることになりました。

そうKLB宣伝部を創設します!

KLB宣伝部
skipさん
カレントワさん
めんTさん
メガハシさん
10年ぶり、ブリーダーさん
淡クワさん
鯛めしさん
ろなさん
夢旅路さん

当然ながら弾力的な運営のKLBです。
宣伝方法はメンバーに委ねます。
時間のある時に、自由にお好きなように。
なによりもそのレスポンスの速さは宣伝部メンバー
強烈な強みです。
KLBを蔓延することで、話題を取り上げることによ
り参加者間の交流も深まるものと大いに期待してい
ます。宣伝部の皆様、よろしくお願いします!


KLB事務局
tamushinさん
クマモンさん
リョーパパさん
ササガスさん
まめたんさん


事務局にはこれまで通り、主に裏方作業を担当しま
す。

ブログ(HP)2020KLB構築
提出後の管理表アップロード
提出状況の確認
ブログアップの調整
各部門賞の集計・発表
入賞者への景品発送
などなど。




参加者様におかれましては、事務局作業を勘案し、
参加したからには最後までやりきるように。
またスムーズな運営にご配慮いただだきますよう、
この場を借りてあらためてご協力をお願いいたし
ます。

まずは期限内の管理表提出ですね。


※2019KLB提出期限は2月末です。
未提出の方はお早めに提出をお願いします。






KLB2020leaflet.png



202002291012240c5.jpeg



20200229101249aa7.jpeg
スポンサーサイト



[ 2020/02/29 10:00 ] KLB 2018 | TB(-) | CM(76)

IBUさん1月記事

こんばんは。
事務局員のまめたんです。
来年度のKLBの募集の予告がチョネさんよりツイートされていましたね。
詳しくはチョネさんツイッターより

今年度も終わるんだなとしみじみ思う次第です。
今年度も終盤戦。どんな個体が羽化するか期待に胸膨らませていることでしょう。
そんな中IBUさんの記事です。
反省とともに次の戦略を練っていく段階ですが、結果はまだもう少し先、羽化見てのお楽しみです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

去年今年 貫く棒の ごときもの
(高浜虚子)

去年や今年という区切りは世の中の流れであって、自分の中にある何か真っすぐなものを持つことが大切ですね。

菌糸ビン3本目交換で、思ってたのと違う!と右往左往しておりました私、IBUです。
今月も、いや今年も皆様宜しくお願い致します。

さて、菌糸ビン交換も無事(?)に終わりまして、ほっと一息ついております。

12月度ブログでご報告したように結果は・・・なものでして、平均g数が少し期待値を下回っていた事、ばらつきが大きい事。

I1-1.jpg

何がまずかったのかなぁ・・・と考えていましたが、まめたんさんからご指摘があったように、クリアボトルの換気が原因なのでしょうか?
体重上位の幼虫たちはPPにて管理していたものが多い。
ですが最大体重はクリアボトルから・・・
ビンを置いていた場所の問題?棚の2段目か3段目か・・・微妙な温度の違い?
単なる個体差?菌糸の詰め方?
なるほど、よくわからん・・・

また、今月から降温させていく予定ですので温度管理には一際気を遣います。
(24℃から20℃へ)
夏から秋にかけてうまく温度管理ができなかった為、キノコ狩りをする羽目になりましたので・・・。
基本的にはEXCEED CRAFTさんのLEVIN-G。
温度変化に強くキノコが出にくい、との事でしたので、比較の為に北斗恵栽園さんのタダノヒラタケも使ってみることにしました。

先輩方が使用されている菌糸も気になるところです。
あの菌糸使ってみたい!この菌糸はどうなんだろう・・・?
皆様のKLBデータが更新されつつあるので来期の参考にさせていただきたいと思います。

試行錯誤の連続
ブリード初体験なので、これから試行錯誤していくのですね(苦笑)
trial and error

いつか自分の中に『これだけは譲れない!』という真っすぐなものを持てるようにしたいです。

3本目交換が終わりましたら皆様はどのように過ごされていらっしゃるのか・・
温度管理、湿度管理は気を遣うかと思いますが、幼虫や菌糸にトラブルがなければやることがない・・・いや、やることが思いつかない

来月のブログ困ったぞ!っと言うことで、今月ブログを締めさせていただきます。

それでは皆様、今月もありがとうございました!

IBU
[ 2020/02/21 02:37 ] KLB 2019 KLBアカデミー | TB(-) | CM(0)

sanbさん12月記事

こんばんは、事務局員のまめたんです。
もうすぐ来期KLBの募集が始まる時期ですね。
羽化が終わらず次が来るというのはなかなか実感がわきません。
ブリードの仕組み上しかたないのですが・・・・
来期はどんな企画が待ち受けているのかチョネ首領の手腕に乞うご期待。

さて、sanbさん記事です。ほかの方の記事も今週、順番にアップしていく予定です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは、sanbです。

いよいよ2020年、オリンピックイヤーですね。
あまり日々の生活から実感が湧きませんが、
そろそろ国中が盛り上がりをみせる頃でしょうか。

我が家もKLBラインの結果に
一喜一憂してきましたが、
今回歓喜の声が上がりました!

そう1頭だけ大型が出たのです!

予知していた訳ではないですが、
幼虫はきっと大型になっているはずと・・・

気合の菌糸ボトルも予め購入しておきました笑

S12-1.jpg

昨年のブリード初年度に羽化ボトルが良い状態ではなく
蛹で★になる個体が


全体の約30%もいました。

これを教訓として2年目は羽化ボトルも
重要なステージにあることを強く意識して
大型の幼虫に2Lボトル使用を検討してきました。

まだ自分自身で「温度と幼虫の成長度合い」が
掴めていませんので4本目の交換は極力避けたく

降温までの間、ギリギリまで食べてもらい

昇温後、蛹化スイッチが入っても
まだ適度に菌糸の良い状態が保たれている

これをイメージしています。

「菌糸の状態が良い=幼虫にも当然良い」
はずなので、不全や★率を低減できれば・・・

というこで、今年は余程のことがない限り、
これを最終瓶としていきます。

さて、我が家のKLBブリード状況です。

------------------------------------------------------------------------
■種親



◇ブリーダー:かっちゃん氏
◇久留米血統


:KA17-6
◇成虫サイズ:84mm

■種親



◇ブリーダー:JUU氏
◇久留米血統


:KU1717-17
◇成虫サイズ:54.6mm

■幼虫頭数:26頭

■菌糸銘柄:2種類(神長さん・EXCEED CRAFTさん)

■温度管理:エアコン
5月 25℃~24.5℃
6月・7月 24.5℃~24℃
8月・9月 24℃~23.5℃
10月 23℃~23.5℃
11月 23℃~23.5℃
12月 22.5℃~23℃

■配置
スチールラックの同じ段に等間隔

■3本目交換実績
①【EXCEED CRAFTさん LEVIN-GSP800H】
菌糸交換数:5頭(のみ)


:6頭 最大体重38g 19g~38g AVE.32.8g(19g含まず)
※1頭2本目交換時19gだったので未交換かもしれません



:8頭 最大体重16g 14g~16g AVE.15.0g
※3本目交換せず

②【神長きのこ園さん S8カンタケ・S8カンタケ2L】
菌糸交換数:4頭(のみ)



:4頭 最大体重34g 29g~34g AVE.31.0g



:8頭 最大体重18g 14g~18g AVE.15.2g
※3本目交換せず
------------------------------------------------------------------------
【詳細結果】
------------------------------------------------------------------------
①19KLB-62-01


30g→31g(+1)

②19KLB-62-02


31g→32g(+1)
※LEVIN→S8Kへ変更

③19KLB-62-04


28g→28g(±0)

④19KLB-62-05


32g→38g(+6g)
※LEVIN→S8Kへ変更

s12-2.jpg
s12-3.jpg
s12-4.jpg
s12-5.jpg
S12-6.jpg


⑤19KLB-62-09


26g→35g(+9g)
※LEVIN→S8Kへ変更

S12-7.jpg
S12-8.jpg
S12-9.jpg


------------------------------------------------------------------------
⑥19KLB-62-17


28g→31g(+3g)

⑦19KLB-62-22


28g→31g(+3g)

⑧19KLB-62-24


27g→29g(+2g)

⑨19KLB-62-25


33g→34g(+1g)

S12-10.jpg
S12-11.jpg
S12-12.jpg


------------------------------------------------------------------------

総じて重さだけをみれば、満足のいく結果となりました。

特に34g 35g 38gの3頭は85mm以上の可能性を
秘めているので迷わず2Lへ投入しました笑

【今後について】
1、ボトルの観察はするが、極力触らない

羽化の時期まで可能な限り触らず、
(ついボトル持ち上げてクルクル見てしまうので)
幼虫にストレスを与えないよう努力していきます。

ただでさえ、我が家の暴れん坊達が飛び跳ねたり、
不意に棚へ突撃したりと
幼虫達にとっては、過酷な環境なので。。。

2、温度、湿度の管理について

降温、昇温のタイミング、そして期間をもう一度見直していきます。

ちなみに、湿度の管理は、加湿器を置けないので
100均のバケツ3個とペットボトルに水を張って
ボトル近くにおく程度で平均45%前後は保持できています。

久留米1年目のブリードも折り返し地点、
ここから焦らずに出来るだけ丁寧に管理を続けていきます。

最後までご覧頂きまして有り難うございました。
引き続き、ご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

sanb

[ 2020/02/16 00:12 ] KLB 2019 KLBアカデミー | TB(-) | CM(0)
KLB 入力フォームダウンロード
入力フォームのダウンロード方法
ダウンロード(クマモン)
管理表送信マニュアル
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
KLBメールフォーム
飼育管理表は下のリンクから送信下さい
Twitter Link
エントリーナンバー順
 No.1 skipさん
 
No.2 sendoさん
 
No.3 チョネさん
 
No.4 クマモンさん
 
No.5 主水さん
 
No.6 MoperDorcusさん
 
No.7 yymaverickさん
 
No.8 juke2331さん
 
No.10 mindorさん
 
No.11 クワじいさん
 
No.12 カレントワさん
 
No.14 tamushinさん
 
No.15 くわがたの里さん
 
No.16 リョーパパさん
 
No.17 ashtakaさん
 
No.18 まめたん@まめ屋さん
 
No.19 REGAさん
 
No.21 pajero1goさん
 
No.22 Luna solさん
 
No.23 taku kuwaさん
 
No.24 ゆのあんさん
 
No.25 kiyoさん
 
No.26 KAZUさん
 
No.27 taku KAWARAさん
 
No.28 タケセイヨウさん
 
No.29 M'sさん
 
No.30 RKKCさん
 
No.31 ササガスさん
 
No.32 katwoさん
 
No.33 ゆきんこさん
 
No.34 くるぶしさん
 
No.35 Tomoyaさん
 
No.36 野さん
 
No.37 虎っ太さん
 
No.38 めがねのクワガタ垢さん
 
No.39 カブクワクンさん
 
No.40 ま~たんさん
 
No.41 さそり座さん
 
No.42 soraさん
 
No.43 Hakurinさん
 
No.44 マツノシンさん
 
No.45 スターチスさん
 
No.46 めんTさん
 
No.47 東のコバヤシさん
 
No.48 ゆとさん
 
No.49 彩川 鰤さん
 
No.50 Naoさん
 
No.51 Johnny the 30さん
 
No.52 きのこ@旧あっぷるさん
 
No.53 orz_GOLD_orzさん
 
No.54 Kuwa-Dropさん
 
No.55 SHIGEさん
 
No.56 アトムさん
 
No.57 キムクワさん
 
No.58 坂本雄太さん
 
No.59 ジャスタウェイさん
 
No.61 kuriさん
 
No.63 MJ@小江戸さん
 
No.64 datsさん
 
No.65 森の妖精さん
 
No.66 エムジェイさん
 
No.68 ヤマちゃんさん
 
No.70 りゅうたろすさん
 
No.71 いわむぅ-さん
 
No.74 わきたけさん
 
QRコード
 QR