FC2ブログ
久留米限定バトル(KLB) オフィシャルサイト TOP  >  2020年04月

HITOさん3月記事

こんばんは。
事務局員のまめたんです。

HITOさん3月記事です。
こちらも昇温前の記事。こちらも暴れに苦戦しているようです。
大きい幼虫は出していたんですがちょっと残念。それでも85upはしてくれると期待しています。
IBUさん、HITOさんともに設定温度攻めてたのかな?
他の方もそうですが、同時多発的に起こる現象は理由があると思います。
久留米で大きい報告が出にくいのはこのあたりにもあるのかも。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー―――――

アカデミー生のHITOです。
この記事を書いている時は、コロナウイルスがいよいよ本格的に日本列島を侵し始めた頃です。
世界に広がり、年齢や持病にかかわらず猛威を奮っているコロナウイルスは年老いた両親・幼い子を持つ者として脅威でしか有りません。
コロナウイルスの影響によりにより、ブリードどころではない方も居られるのではと思います。
私の職種ではいきなり仕事がストップして立ち行かなくなる事は有りませんが、いつかは確実に影響が出てくるのではと思っています。
今期のブリードは、全てのボトル交換を終えており、あとは羽化を待つのみとなっているので最後まで見届けることが出来るので飼育の面では安心しています(完品でbigサイズの羽化では安心してませんので。。。)。
が、来期はどうなるやら。。
来期用の菌糸の段取り、産卵準備等は大方終わらせておりますが、経済状況や家庭環境によっては断念せざるを得ない可能性も考慮しなければいけないなと思っています。

さて、3月時点のブリード状況ですが、前回ご報告した通りキノコの生えたLEVINに入れた幼虫達はほぼ暴れてしまいました。

よって、体重減の嵐〜嵐〜!

キノコの生えた物に限って暴れたと言う事は、キノコが発生した事による何らかの理由によって環境が悪くなり暴れたのは間違いないと思います。
冬温度帯とした17度付近を維持している最中での暴れだったので、いきなり環境がかわって暴れたと言うのでは無いです。
なので、菌糸ボトル内のオガの状態、酸欠、乾燥が原因かと。その中でも酸欠とかが怪しいかもしれません。

その後、ウチの3本目時点での最大サイズ39gの幼虫ですが、表面上は暴れなく来ており安心していたのですが、暴れちゃいました(涙)

H3-1.png

ぱっと見は大丈夫かなと思いますが、良く見るとオガがバラバラに砕かれており、暴れだと確信。

H3-2.png
H3-3.png

39gあった体重が、35g台に。

交換後はマットに入れようかと思いましたが、体重減覚悟で菌糸ボトルに投入しました。
そのため、投入後に幼虫が落ち着いた時には32g台に落ちたかもしれません。

体重減は残念ですが、生まれ持った遺伝子をフル活用して長さがあるように羽化して欲しいと思っています。

他のカンタケボトルの幼虫達は、ボトルの劣化が気になる物も有りますが、概ね順調かなと思っています。

私のところでは、来期のブリードの為に飼育スペースを開ける必要があり、3月下旬から本格的に昇温する予定です。

コロナに負けないよう皆さん頑張りましょう!!
スポンサーサイト



[ 2020/04/27 02:25 ] KLB 2019 KLBアカデミー | TB(-) | CM(0)

2019KLB羽化予想告知・2020KLBルール修整など

どうもこんにちは。 KLB事務局チョネです。
今回は2019KLB羽化サイズ予想・上位トップ3のブ
リーダー予想ついての記事がメインです。

しかし大変な世の中になりました。
新型コロナウィルス感染者が広がる中ですので、一
旦は発表(応募)時期を遅らせたわけですが、いつまで
も下を向いてばかりではいられません。

楽しみだったGW期間も国内は外出自粛ですから。

そこで・・・
・自宅で出来ること
・2019KLB羽化へ向けたモチベーションアップ
・2020KLB参加期限1週間前

これらを勘案しこのタイミングがベストと判断。
少しでも明るい話題を提供したいと考え、今回の
発表に至りました。



20200424181622cbf.png



20200424231514296.png





①2019KLB最大完品の羽化サイズを予想していただきます。
小数点第一(0.1ミリ単位)までを予想
例) 88.2mm

②2019KLB67名の参加者の中から羽化サイズ上位
1位・2位・3位を予想いただきます。
 (黄色網掛けのNOをコメント欄に記入)
自分への投票あり!
応援票求む📣

例) 1位5 2位11 3位18


※応募期間:
4/25(土)~5/9(土)

※応募条件(応募資格):
KLB参加者のみならず、ブログ閲覧者
全ての方が対象

※応募方法:
コメント欄にハンドルネーム ①、②を記入いただき
ます。


※景品:(予定内容)
久留米オオクワガタペア個体
菌糸ブロック
餌ゼリー

※景品数:
①はピタリ賞のみ
②はニアピン賞含む最大5名様
当選者多数の場合は抽選とさせていただきます。



※結果発表:
10月中旬

お祭り企画です!多数の応募お待ちしております!







続いては2020KLB 1部ルール修整のお知らせ

〇KLB降格制度2020KLBから2部
リーグを2部A 2部Bに分けます。
現在1部リーグ参加中の方で、KLBエントリーライン
から85mm以上の個体を完品羽化させられなかった
方は2部リーグAとします。

これまで久留米産地で85mm以上の羽化実績の無
い方は2部リーグBの参加。

2部リーグAの方はこれまで通り、KLBエントリーラ
インから85mm以上を出さなければ、1部への昇格は
無し。

2部リーグBの方は自身の久留米ブリードライン全て
から85mm以上を出せば1部リーグへ昇格。

↑上記のルール修整により実績の無い方も上位入賞
のチャンスが広がることに!
また2部Aの都落ちの方は、常連ブリーダーと1部昇
格を目指していただきます。

KLBエントリーラインの選定がポイントにもなるわけです。




〇♂サイズ総合10位・20位・30位 飛び賞設定


image1.png


2部リーグA・B そして飛び賞 KLBブログ指名制
度これらの新たな企画案はKLB宣伝部ろなさん発案
企画です。👌
初参加の多い2020KLB。その参加者目線で良く考え
られた企画案だと思いませんか?!


これまでKLBはその方向性から、決められたルール
で見える化による情報開示の中、ベテランも初心者
も分け隔てなく楽しめる場としての土壌作りを進め
てきました。1年以上の長丁場ですからね。
モチベーションを継続維持する手段として。また全
国のブリーダーと競い合い、刺激を得て、更に貴重
な飼育情報を得られる場としても有効なサイトを目
指していきたい。
そのような考えで、熱意のある仲間とより良い形へ
と作り上げています。

宣伝部の方にはブログ(YouTube)の記述や羽化実績
でも今後盛り上げてくれるものと期待しています。




KLBブログでは来月、同じく宣伝部のメガハシさん
の方から宣伝部マスコット誕生ににちなんだ企画の
発表がありますのでそちらもお楽しみに!!






最後に直近で届いたKLBへの質問に対する回答をお
伝えます。


・PC環境が自宅に無いため管理表・系統表の作成が
出来ないが参加できるのか?

説明②


PC環境なき場合の管理表作成代行は可能です。
ご安心下さい。
ただExcelが使える環境があれば是非ともトライを
希望します。色々と運営面も手間が掛かるんです。




・素性不明の個体は参加不可とあるが、具体的には
どこまでの情報が必要か?


20200424192125693.png


最低限両親が分からないようだと見える化の趣旨
に反するため参加はNGとさせていただきます。

改定

スケジュール



以上です。









[ 2020/04/24 23:55 ] KLB 2019 | TB(-) | CM(29)

IBUさん3月記事

こんばんは。
事務局員のまめたんです。
今日はIBUさん記事。
3月時点では調子良さそうな雰囲気も見られますが、暴れが出てるのが気になるところ。
一番大きい個体で出たのは偶然なのか?
今後の経過が楽しみでもあり、不安もありますね。
みなさんはどんな状況でしょうか?
アカデミー生と比較してみてはどうでしょうか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鴬や 障子あくれば 東山
(夏目漱石)

幼虫がガジガジ齧っている音が聞こえたので何気なく部屋の戸を開けてみると思いがけなく暴れの現場を見てしまい、絶望を感じました。

皆様お世話になります。IBUです。

気温も徐々に上がってきており、過ごしやすい日が増えてきました。
が、急な温度変化に対応できず悲惨な出来事がありました。

ま、まぁ2~3gくらい減ってるのは仕方ないよね・・・。

I3-1.png
I3-2.png

・・・・・・・・。
目から汗が大量に

出てまいりまして、視界がぼやけて数字がうまく見えませんでした・・・。

我が家の最大体重個体でしたが、非常に残念です(涙)

暴れてしまったものは仕方ない!
他の幼虫たちはどんな感じでしょうか?

I3-3.png

結構いい感じでしょうか?

I3-4.png

窓しか見えませんが、中はどんな感じでしょうか?

I3-5.png

ここに蛹室を作る気でしょうか?
良いポジション?

面白いですね。
この3本は同じ棚の同じ段で管理していますが、同じような食痕は出ないですね。
狙い通りの食痕を出させるようになるものでしょうか…?

徐々に昇温を始めており、早く成虫を拝みたいという気持ちが日に日に増しております。

2019年度の結果を待たずして2020年度が始まるという流れに違和感を覚えていますが、そういうものだと慣れていくのでしょうか。

ということで、2020年度のペアリングも開始しております!
越冬明けで動きの良くなったラインから。

I3-6.png

また不安とドキドキの1年が始まります!

新型コロナ、オリンピックの行方等暗い話題ばかり続いていますが、順調にいけば5月6月には羽化結果がでます。
その時笑顔でいられるようにラストスパート頑張ります!

それでは皆様、今月もお付き合い頂きありがとうございました。

IBU
[ 2020/04/22 01:36 ] KLB 2019 KLBアカデミー | TB(-) | CM(0)

sanbさん2月記事

こんばんは。
事務局員のまめたんです。
今日はsanbさんの記事です。最近忙しそうでしたが、記事いただけて良かったです。
肝心のブリードは・・・今年暴れ報告多い?ですね。
それでも暴れず耐えた個体たちが期待に応えてくれるはず!
と私自身も言い切れないほど心配です笑
----------------------------------------------------------
こんにちは、sanbです。

2月も1月に続き、会社が超繁忙期なので
体に鞭打ってなんとか激務をこなしました。

4月までを乗り切ったら
あんなことやこんなことやって・・・
気持ちにも余裕ができる・・・

なんて甘い妄想を描いていましたが、
事態は悪い方向に一変してしまい、
今度は5月以降注文が激減・・・

そう、新型コロナの影響で取引先が痛手を負い、
5月以降こちらにも連鎖するという
ブリードライフを脅かす、
恐怖との闘いがついに始まったのです。

なので、会社とともに、どう乗り切るのか、
業務終了後、夜な夜なそんな話をしています。

皆さんも、何かしらの影響を受けていると思いますが、
良い方向に進むことを心より祈っています。

さて、我が家のKLBブリード状況です。
--------------------------------------------------------------------------------
■種親
◇ブリーダー:かっちゃん氏
◇久留米血統
:KA17-6
◇成虫サイズ:84mm
■種親
◇ブリーダー:JUU氏
◇久留米血統
:KU1717-17
◇成虫サイズ:54.6mm
■幼虫頭数:26頭
■菌糸銘柄:2種類(神長さん・EXCEED CRAFTさん)
■温度管理:エアコン
5月 25℃~24.5℃
6月・7月 24.5℃~24℃
8月・9月 24℃~23.5℃
10月 23℃~23.5℃
11月 23℃~23.5℃
12月 22.5℃~23℃
1月 22.5℃~23℃
2月 22,5℃~20℃~18℃~20℃ 

■配置
スチールラックの同じ段に等間隔
■3本目交換実績
①【EXCEED CRAFTさん LEVIN-GSP800H】
菌糸交換数:5頭(のみ)


:6頭 最大体重38g 19g~38g AVE.32.8g(19g含まず)
※1頭2本目交換時19gだったので未交換かもしれません


:8頭 最大体重16g 14g~16g AVE.15.0g※3本目交換せず

②【神長きのこ園さん S8カンタケ・S8カンタケ2L】
菌糸交換数:4頭(のみ)


:4頭 最大体重34g 29g~34g AVE.31.0g


:8頭 最大体重18g 14g~18g AVE.15.2g※3本目交換せず
--------------------------------------------------------------------------------

昨年は慎重に少しずつ行いましたが、
様々な要因が重なり
予期せず早めの降温となりました。

その結果、こんなことに・・・

s2-1.png

s2-2.png

周囲の方々が、コンマ刻みで
温度管理している中
大胆過ぎて申し訳ございません汗

1月まで 温度22.5~23℃

2月 20℃~18℃~20℃ 

3月昇温

急激な温度変化は、菌糸に負担をかけてしまい
さらに不全を引き起こしますよね。。。

1年目のオオクワブリードは慎重に慎重を重ねましたが、
2年目の2019年は、早くも反省ばかりです。
不可抗力もありますが横着して杜撰な管理をしてしまいました。

この教訓は2020年に向けて修正していきたいと思います。

最後までご覧頂きまして有り難うございました。
引き続き、ご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

sanb
[ 2020/04/19 00:45 ] KLB 2019 KLBアカデミー | TB(-) | CM(0)

HITOさん2月記事

こんばんは。
事務局員のまめたんです。
また今日から連日投稿していきます。
報告のDM受けているとコロナショックは趣味である虫には大きく影響を与えそうですね。
うちも少数精鋭でいこうかなと思ってます。
さて、HITOさんの記事です。
―――――――――――――――――ー―――
アカデミー生のHITOです。
暖冬の影響から、今年はダウンを着る機会が少なかったです。
そのお陰で、家の中は10度を下回る事が無く最低でも14度程度。
幼虫を管理するのは楽?だったような感じでしたが。。。

2月末現在の幼虫達は、絶賛暴れ全開中です(汗)

1月も終わり、我が家の環境も本格的に冬温度と呼ばれる温度帯に移行しました。

2月初旬から中頃には最低16度まで降温させ、幼虫達に冬を体感してもらったのは良かったのですが、2種類使用している菌糸の内、オオヒラタケを使っている菌糸ボトルの幼虫達は暴れてしまいました(汗)

H2-1.jpg
(酷いやつ)

1月より降温を始め、18度を切った辺りから一気にキノコが生えて、毎週キノコ狩りの日々。
生えたのはオオヒラタケのみで、キノコ狩りをする様になってしばらくすると幼虫達が暴れる。
ボトル内を全て食い散らかしたのは1匹だけでしたが、側面から見える小窓から確認出来る暴れは多数。
暴れた全ては、キノコ狩りを行ったボトルの幼虫達。
このことから、キノコが生える事もしくは生える菌糸の状態になった事により幼虫にとって好ましくない環境になった事は間違いないな。

暴れた幼虫達は残念ながら用意していた新品ボトルに交換しました。
交換の結果は、KLBラインではかわらない個体から最大4gダウンまで様々でしたが、ショックな事にかわりありません。

1番落ちた残念なやつ

H2-2.jpg
H2-3.jpg
H2-4.jpg

37.3gからの33.0g。。。。

暴れは駄目と聞いていましたが、体重減るし本当に駄目ですね。

来期は管理温度をどうするか考える良いキッカケになったと思います。

そこで、あまりにもキノコが生えるので、どうにかせなあかんと思い食べてみる事に(笑)

試されている方は多いと思います?が、私が収穫するキノコは立派な物ではなく、中途半端なひょろりとしたものです。

H2-5.jpg

調理方法は定番?のバター醤油炒め。

H2-6.jpg

キノコは炒めると半分以下に縮んでしまい、正直美味しそうとも思えない見た目に。

ですが、こっそり子供にお肉だよ!と言って食べさせたら旨いと言ってました(笑)
後で、クワガタ飼ってるボトルから生えたやつと言うと微妙な顔してましたが(笑)

今回は暴れで悩みましたが、次回は順調な報告が出来ればと思います。

今は来期の準備で忙しい毎日。

KLBの募集も始まりました!
オオクワガタ飼育に興味があり、このKLBサイトをご覧の方がいたら是非参加をオススメします!
沢山魅力的な血統・産地はありますが、久留米産には他にはない魅力があるような気がするので!
もちろんオオクワガタにはかわりがないのですが、KLBで関わり合う人は皆んな親切で優しいので楽しめる事間違いないので〜。

では、次回は何をネタに書こう。。。
[ 2020/04/16 21:19 ] KLB 2019 KLBアカデミー | TB(-) | CM(0)
KLB 入力フォームダウンロード
入力フォームのダウンロード方法
管理表送信マニュアル
Access Counter
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
KLBメールフォーム
飼育管理表は下のリンクから送信下さい
QRコード
 QR