FC2ブログ
久留米限定バトル(KLB) オフィシャルサイト TOP  >  2020年08月

2019KLB管理表提出・2020KLB事前登録は8月31日迄!

どうもこんばんは。
事務局チョネです。
早速ですが標題の件です。
それぞれ8月末の提出期限3日前となりました。
現時点で2020KLB事前登録提出済みの方が43名。
と連絡待ちの方は30名程おられます。

2019KLB管理表の方は、未提出の方が多く現時点
で23名と残り50名程方から報告待ちの状況です。
ちとこちらの方はやや不安な状況・・・(^^;

おそらく未提出の方はこの土日で最後の掘出し
作業を行うのだろうとは思いますが、8月末の
期限までに提出いただくようお願いします。

幼虫、蛹の状態であっても(幼虫、蛹)の表示で
ご記入いただいて構いません。

また2020KLB事前登録ですが至極簡単。
特に初参加の方!
この記事を確認していれば良いのですが、やはり
ちと不安ですな・・・大丈夫かな??


KLB管理表提出方法等の変更についてのご連絡



それでは何卒よろしくお願い申し上げます。
KLB事務局
スポンサーサイト



[ 2020/08/28 18:37 ] KLB 2019 | TB(-) | CM(0)

HITOさん6月記事

こんばんは
事務局員のまめたんです。
長く続いたKLBアカデミーももうラストに近いです。
最後にはちょっとしたイベントもあるかも?
のびのびになってしまいましたが最後までお付き合いください。

----------------------------------------------------------------
KLBアカデミー生のHITOです。
コロナも少しは落ち着いたようですが、まだまだいつクラスターが起こるか不安な日々を過ごす6月です。
私自身は、そろそろ仕事に影響出つつあるかなといったところですが、羽化してくる虫達に現実逃避をさせて貰っている感じです。。。(汗)

さて、2019年度のKLB個体達は、6月末現在全てが蛹化し、5分の3ぐらいが羽化しています。

1年間丁寧に育てた結果が出るこの時期は、毎日が一喜一憂だと思います。
かくゆう私は歓喜と絶望が繰り返しやって来て毎日ハラハラです。(汗)

あっ!正直に言うと歓喜は少ないですね(涙)
KLBライン以外では60台〜70台連発なんで・・・。

KLBラインの羽化ですが、結論を言うと、アカデミーの目標とする85upを達成出来るか出来ないかの微妙なラインの勝負かなと思っています。

いくつか羽化して来ている個体を紹介したいと思います。

まずは残念なやつから。。。

twitterでは不全の話をたくさん見聞きしましたが、数頭完品羽化が続いた事でもしかして不全出ないんじゃない?と思っていたら、出ちゃいました。

○19KLB-71-18(HITO19-1-18)♂
これは前回の記事内で紹介した3本目交換時の最大39gで、人工蛹室に移動させた個体です。
2本目26.8g→3本目39.0g→4本目35.7g
羽化サイズ 83B(羽パカ)

H6-1a.jpg

完全な羽パカになってしまいました。蛹室内の壁が白くなり、キノコ出るかもしれないので救出しようと掘ったのが間違いだったのかもしれません。羽化サイズも39gいったわりには小さいですね。

H6-2a.jpg

yymaverick氏にやり方を教えて頂き羽パカをバンドエイドで少し修正しました。初めての事なので、やはり上手く行きませんでした。でも多少は羽が閉じて寿命がのびたかな。

長く生きれるかは分かりませんが、死ぬまで飼って可愛がってやろうと思います。

羽パカの理由って何なんでしょうね。蛹室の形状・状態、個体の持つ遺伝子、温度や音等の外部からの障害。
他の個体では、蛹室の底がかなり湿ってビチャビチャと粘り気がある感じがあり、それが原因なのかなと考えられる個体もいました。何にしろ、飼い方次第で不全を防げるのなら本当に防ぎたいですね。

無事に羽化して来ている個体の紹介です。

○19KLB-71-9(HITO19-1-9)♂
体重推移 2本目32.5g→3本目37.3g→4本目33g
羽化サイズ 84.2mm(惜しい・・・)

H6-3a.jpg

○19KLB-71-13(HITO19-1-13)♂
体重推移 2本目25.2g→3本目34.7g
羽化サイズ 82.6mm

H6-4a.jpg

○19KLB-71-1(HITO19-1-1)♀
体重推移 2本目15g→3本目14.3g
羽化サイズ 53.0mm

H6-5a.jpg

こんな感じです。
羽化して、腹も暗くなってる個体なので大幅な縮みは無いと思いますが、確定では無い♂2頭ともに目標である85mm up は果たせませんでした。
ですが、2頭ともに綺麗に羽化してくれており嬉しい限りです。

次回7月の記事では、最終体重が重い個体達の羽化報告が出来ると思います。
まだまだ85upは諦めずに希望を持ちたいと思います!

つくづく普通に85upを沢山出される皆さんは凄いなと思いますね。

見て頂きありがとうございました!
[ 2020/08/25 01:47 ] KLB 2019 KLBアカデミー | TB(-) | CM(0)

IBUさん6月記事

こんばんは。
事務局員のまめたんです。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
もう8月ですね。
私の住む浜松は気温41.1℃を記録しました。幼虫体重っぽい気温が続きますね。
気温と裏腹に下がらない室温に絶望する日々が続きます笑

さて、KLBアカデミー記事ももう終盤
綺麗な羽化個体画像が上がってますね。
1年目が終わりいろいろなことが見えてきたと思います。
今後もどんどん大きい個体を作っていってください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
心澄めば 怒涛ぞきこゆ 夏至の雨
(臼田 亜浪)

本格的に羽化ラッシュが始まり、逸る気持ちを抑えつつホリホリ。
抑えきれていないですが・・・
出てくる個体は・・・不全!・・・不全!・・・また不全!
外に降る雨よりも激しく目から涙が滝のように・・・
お世話になります。IBUです。

Twitter等で報告される皆様の完品個体を、歯を食いしばりながら拝見しております。

我が家で出てくる完品は・・・80mmを中々超えない(涙)

やっと80mmを超えてくれた個体がこちら↓

I62-1.jpg

3本目体重からしたら、もう少しサイズ出てくれてもよかったかなぁと。
なかなか難しいです。
写真を撮るのも難しいですね・・・。
計測しながらシャッターを切るのが至難で、動画で撮ったものを切り取り。
少しブレていますが気にしません!

KLBラインからは期待できそうな虫はほぼ不全でしたが、その他のラインから・・・

I62-2.jpg

3本目31.8gから暴れまして、4本目はマットへ。(菌糸ビンが無かったもので・・・)
4本目投入時の体重は33.7g
正直大きな期待はしていませんでしたが、不全連発で意気消沈していた私の心を癒してくれるには十分なサイズで出てくれました。
まだ少し赤いので、本計測時には少し縮んで85mmを切るかもしれませんが、今までオスを羽化させたことのない私にとっては大満足な結果になりました。

まだ全てが羽化したわけではないので、蛹たちを見守り続けたいと思います。
(だがまだ幼虫が・・・)

今月もお付き合いいただき、有難うございました。

IBU
[ 2020/08/17 23:02 ] KLB 2019 KLBアカデミー | TB(-) | CM(0)

HITOさん5月記事

どうも。お久しぶりです。事務局員まめたんです。
今更ですが5月記事アップしていこうと思います。

羽化報告までまっしぐら。ラストまで8月中にアップします!
最後に私がまとめ記事を書いた方がいいのかな?
うーん。考えておきます。

――――――――――――――――――‐―――‐
KLBアカデミー生のHITOです。
この記事を書いている頃は、私の居住する地域では緊急事態宣言が解除され数日経った頃です。
たくさんの方々が亡くなられ、失業や休業されたりと、本当に大変な事になり、世の中これからどうなるんやろうと思う毎日を過ごしています。
でも、どんな事が起こっても生きる為には頑張るしかないですね!

いつものGWは子供とテーマパークに行ったりするのですが、今年は外出制限により家にずっとこもって産卵セットを組んだりと、虫活を思う存分やる事が出来、stay homeも家族とのんびりする時間を沢山取れたのでそれほど苦では無く過ごせました。肝心の産卵具合ですが、今年も難産しております。下手なんですよね。。。

さて、KLBの幼虫達はコロナに関係なく羽化への道を進んでくれています。
まだ蛹化しないぞと言う強情な個体も居ますが、ほとんどは蛹化していると思います。
外観からは分かりにくい

前回紹介した38gの幼虫ですが、ボトル側面はさほど変化が見られず、様子を伺う事は出来ません。

H5-1.jpg
H5-2.jpg
H5-3.jpg

蛹化してるか、まだ幼虫か、それとも黒くなっているかと気になりますが、7月頃までそっと放置する予定です。

とは言え、蛹の様子が気になる初心者な私。後学の為と思い掘ってみました。

掘ったのは3本目交換時に最大体重39gだったやつです。
この個体は交換後のボトル上部で蛹室を作りましたが、側面から確認すると蛹室内の一部が白くなっており、キノコがはえる可能性があるなと判断し、思い切って掘る事にしました。

H5-4.jpg
H5-5.jpg
H5-6.jpg

出て来たのは。26.4gの蛹。形状を見る限り順調に蛹化出来たようです。
暴れによる4本目交換時に39gから35.4gへと痩せ、交換後も数g痩せた事を考えると26gなら上出来なのか、それとも痩せすぎたのかが分かりません。ですが、上手く羽化すれば83mmあたりになってくれるかもと期待しています。
83mmなら目標に到達してないので駄目なんですが。。。現実は厳しいかもしれませんが、還元率良く羽化してくれたらと思いますね。
この個体の蛹室は少し曲がったような形状(写真撮り忘れ)で、ボトル側面を利用し斜めに少し傾いていたのでイマイチな蛹室だったのかもしれません。
幼虫にとっては、その個体が作る蛹室が最適な蛹室だとは思いますが、そうではない場合もあるのだろうとは思っています。
見様見真似で作った人口蛹室ですが、上手く羽化して欲しいと思います。

今は羽化待ちボトルと来期使用のボトルで飼育小屋がフル満タン。割り出しや、幼虫投入で忙しくかつ騒がしくしていますが羽化まであと少し期待しながら待ちたいと思います。

来月の記事では羽化報告が出来ればと思います。
[ 2020/08/12 22:40 ] KLB 2019 KLBアカデミー | TB(-) | CM(0)
KLB 入力フォームダウンロード
入力フォームのダウンロード方法
管理表送信マニュアル
Access Counter
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
KLBメールフォーム
飼育管理表は下のリンクから送信下さい
QRコード
 QR