FC2ブログ
久留米限定バトル(KLB) オフィシャルサイト TOP  >  2020年09月

エントリーNo.について

事務局員のササガスです。

大変お待たせしました。
事前エントリーメールを元にエントリーナンバーを割り振りしました。

まだ、あくまで仮で、数回のチェックの後確定としていますが、
・参加してるのに名前がない
・不参加なのに名前がある
がある場合はお手数ですが、事務局へお問い合わせください。
ファイル送信時にはファイル名を「No.○○ HN」で送信していただけると助かります。
また迅速な更新のために可能な方は”PDF”へ変換後の送信よろしくお願いいたします。

取り急ぎ、必要事項だけの内容ですみません。
これから1年間よろしくお願いします。

2020ナンバー

スポンサーサイト



[ 2020/09/22 20:20 ] KLB 2020 | TB(-) | CM(0)

IBUさん7月記事

こんばんは。
事務局員のまめたんです。
IBUさんラスト記事
羽化報告です
1年ってホント長いですね
後日まとめ記事を更新予定ですが、改めてこの企画に協賛いただいた”かっちゃんさん”に感謝いたします。

IBUさんが協賛いただいたオスはこちらでした
KA17-22 85mm
17-22a.jpg

どんな結果となったでしょうか。
IBUさん7月記事いってみましょう。

---------------------------------
夏草や 兵どもが 夢の跡
(松尾芭蕉)

KLBアカデミー生に選出いただき1年以上の月日が流れました。
ハイスペックな種親をお譲りいただき、ド素人ながら功名、栄華を夢見たのが遠い遠い昔の事のように感じます。
今はただ量産された羽パカ個体に囲まれ、物思いに耽るばかりです・・・。

お世話になります。IBUです。

先に述べましたように、羽パカ個体のみならず★になってしまった個体も多くいました。
37頭中★8頭

蛹のまま、あるいは羽化途中で事尽きたものが多かったです。
助けられたものもあったかもしれません。悔いだけが残ります。

羽パカ個体も同じように、早くに気付いておれば、と。

完品羽パカを含めた最大がこちら↓
I7-1a.jpg

完品最大がこちら↓
I7-2a.jpg

なんともお寒い結果でした。

まめたん先生に相談したところ、
・序盤の温度が高かったのかも。
・羽化が1年を越えたかどうか。

なるほど確かに1本目から温度高めでした。
1本目に投入が19年5月。ほとんどの羽化が20年6月。

今年はしっかりと改善していきたいと思います。

こんなお粗末な結果の中にも一筋の光が見えた事がありました。

KLBラインではないのですが、当面の目標として自分なりに掲げていた85UP。
見事に(ギリギリ・・・)達成することができました!

I7-3a.jpg

1本目投入19年7月。羽化20年6月。
KLBラインと同じく1本目の温度は高めだったのですが、幼虫期間が明らかに違いました。

今後は以上のことを踏まえ、スケジュールを組んでいきたいと思います。

初めてのブリードを経験して、改めて生き物を扱うことの難しさを感じることができました。
この経験を今後に生かし、コンスタントに85UP、さらに上を目指したいと思います。

皆様、1年以上も私の拙いブログにお付き合いいただき誠にありがとうございました。

まめたん先生はじめKLB事務局の皆様、大変お世話になりました。
これからも先輩方のTwitter、ブログ等で学ばせていただきたいと思います。

今後とも宜しくお願いいたします。

IBU
[ 2020/09/17 00:35 ] KLB 2019 KLBアカデミー | TB(-) | CM(0)

sanbさん6月記事

連投の2つ目の記事です。
前の記事は更新済みです。
この記事の更新で残すところ、あと少し。
今回は5、6月記事合併号です。

---------------------------------
皆さん、こんにちは。
sanbです。

6月になってもコロナの影響は衰えておらず、
これ以上広がらないことを祈るばかりですね。

個人としても想像以上に被害が大きく
年末にかけて職場や住居を含む
環境が一変する事態となってしまいました。

心身ともに虫達に癒されたいのですが、
今年はそうもいかない状況です(泣)

昨年の今頃は、別血統のオオクワが羽化して
掘るのが楽しみで楽しみで
子供達とワイワイしながら
お祭り気分を味わっていましたが、
今回はあまりボトルを観察できていません。。。

というのも、初久留米にも関わらず
温度管理と瓶交換を怠り・・・
劣悪な環境で小さな蛹室を作らせたり・・・
蛹室の中で黒くさせてしまったり・・・
本当に申し訳なく思っています。

ですが、ここは前向きに、7月成虫とご対面するので
小さくても健康に羽化してくれればと気持ちを切り替えています。
(あと2Lボトルの僅かな希望もあります・・・)

s6-1.jpg
s6-2.jpg

そして猛省しながら2020年もスタート、
その進捗ですが、久留米は2ライン組み、
ともに幼虫が十分採れている状況です。

①めんTさんからのペア
【SK18-4 84mm ・KM18-26 52mm】

割出結果:26頭

②2019年力不足で卵が採れなかったペア
【かっちゃんKA17-6×Dorucus黒王さん2017MI-K1-W03】

割出結果:22頭
※リベンジ成功

s6-3.jpg

2020年KLBはどちらで参戦するのか、
まめたんさんに相談のうえ決定していきたいと思っています。

引き続き、ご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

sanb
[ 2020/09/15 22:50 ] KLB 2019 KLBアカデミー | TB(-) | CM(0)

sanbさん4月記事

こんばんは。事務局員のまめたんです。

ナンバーリストは現在最終確認中です。お待たせして申し訳ない。
近日公開されると思います。

前後しますが、sanb氏の4月記事です。
5月記事と連投掲載します。

菌糸綺麗でぱっと見は良さそうですがどうなのでしょうか?
綺麗すぎるもよくないって言われますが、結果が楽しみです。
---------------------------------

皆さん、こんにちは。
sanbです。

世間ではテレワークやリモートワークなど
私には縁のないワードが飛び交っている中、

繁忙期対応+クレーム対応+コロナ対策という
本当に倒れるかと思うくらい激務をこなしていました。

結果、4月は涙の皆勤賞笑・・・
毎日出社していました。

4月までのピークも一旦乗り越えましたが、
5月以降の注文量が先行き不透明なので
とても不安で休んでいる気が正直しません・・・。

でも、こういう時にこそ
立ち止まって、あれこれ考えてみようと思っています。

1度きりの人生、今この瞬間をいかに過ごすのか
仕事もプライベートも原点に立ち返る時だと
自分自身に言い聞かせてます。(嫁のアドバイス)

さて、我が家のKLBブリード状況です。
--------------------------------------------------------------------------------
■種親
◇ブリーダー:かっちゃん氏
◇久留米血統:KA17-6
◇成虫サイズ:84mm
■種親
◇ブリーダー:JUU氏
◇久留米血統:KU1717-17
◇成虫サイズ:54.6mm
------------------------------------------------------------------------------------

降温、昇温管理が甘かったツケとして
超劣化した♀の800ボトルは
蛹室を作成しているもの以外
全てマットに入替えました。

♂の1400ボトルは3本のみ交換。

念のため新品は使用せず、
数ヶ月位常温保管していたもので
交換してしてみました。

今思えば4月に入ってから交換なんて・・・
こちらもマットの方が良かったのか不安でしたが、
4月下旬には蛹室を作ってくれました。

s4-1.jpg

しかし体力の消耗は激しいはずなので
力尽きず羽化できるよう祈ります。

2000ボトルのS8カンタケは
弄らずそのまま羽化まで持っていきます。

19年は羽化ステージで力尽きる個体も出てくると思います。
結果を真摯に受け止めて、20年に活かしていきます。

その20年、久留米は2ラインを予定しています。

まず、本命ラインは「めんTさん」4/下旬ペアリング開始

あと、19年卵が取れなかった
ラインをリベンジしていきます。

【かっちゃん×Dorucus黒王さん】4/下旬再ペアリング

s4-2.jpg

5/初旬に産卵セットを予定していますので
今季の準備も徐々に進めていきます。

引き続き、ご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

sanb
[ 2020/09/15 22:37 ] KLB 2019 KLBアカデミー | TB(-) | CM(0)
KLB 入力フォームダウンロード
入力フォームのダウンロード方法
管理表送信マニュアル
Access Counter
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
KLBメールフォーム
飼育管理表は下のリンクから送信下さい
QRコード
 QR