FC2ブログ
久留米限定バトル(KLB) オフィシャルサイト TOP  >  2020年12月
月別アーカイブ  [ 2020年12月 ] 

宣伝部担当ブログ記事(12月度ろなさん)

事務局チョネです。3週間振りにこちらに戻ってきました。このところ、ブリーダーの3本目への交換状況を目にするようになりましたが、今年は40gクラスがどこでも出ている。そんな状況ですね。 交換時に大きく育った幼虫を確認できると、長くやっていても変わらず嬉しいものがあります。ですが公開されている幼虫は、一般的にはそれぞれがブリードをされている中の優秀なものに限られるわけです。

KLBブログでは"見える化"を推奨、エントリーした全てのデータを公開しています。

今回の記事はKLB宣伝部ろなさんが2019KLB全参加者データを分析、幼虫の成長推移にスポットを当ています。ブリーダー目線により取り組み方は様々ですが、過去を振り返ってみても久留米1ライン限定バトルKLB参加者にとって、1部リーグ昇格条件である完品85ミリアップ作出は飼育数の少ない方や、経験に乏しい方にとってはひとつの目標サイズであり、また実績のある方からしても、どのラインからでも85ミリを作出できるレベルへ。 そういったハードルでもあるわけです。

数多ある情報に振り回されず、流されることなく、より多くの方が1部リーグ昇格を果たせるよう最後までしっかりと取り組んで、来年より良い成果を残せるよう頑張ってまいりましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







KLBブリードデータの有効活用とプレ企画、12月ブログを担当するKLB宣伝部のろなです。
マツノインセクトさんの半額セールが12月5日より始まっています。皆様、いい個体をゲット出来ましたでしょうか。いい個体をお値打ちにゲットできるチャンス!マツノさんの個体をブリードするのは、より一層久留米愛が増幅しますよ!是非問い合わせてみて下さい。

さて本題のブログ内容ですが、何を書こうか非常に迷いまして「85UP作出計画」やら「初心者的補強思考パート2」やらを書いては消しを繰り返している内に投稿期限が迫ってきました。

追い込まれた結果、好きな事を好き勝手書こうと開き直り、KLBブリードデータを使う事に決めました!私は普段から諸先輩方のブリードデータを眺めるのが好きで勉強させて頂いています。ブリードデータってヒントがたくさんあって凄いお宝だと思います。

今回はそのお宝データである19年KLBのブリードデータと私のブリードデータを使い♂のデータをまとめてみました。最後にはプレ企画もあるので、どうぞお付き合い下さい。それではブリードデータを見ていきましょう。




19年KLB全♂データ

20201123073805147.jpeg




KLB全体で♂が304頭いるみたいです。改めて数えてみると凄い数ですね。なお、不全やB個体、セミ、脱落者のデータは省いています。

2本目平均が25.7g、3本目の平均が29.7g、羽化サイズの平均は79.7mm2本目から3本目の伸び平均が4.1gと思ったより2本目で苦戦してる印象を持ちました。

ブリード環境や使用菌糸がそれぞれ違う物を集めたデータなので一概には言えませんが後伸びとよく聞く久留米ですが、それほど伸びないのでしょうか。



続いて私の全♂データ

20201123073943841.jpeg



♂は106頭いました。KLBの約1/3ですね。
2本目平均が20.3g、3本目の平均が33.7g、羽化サイズの平均が83.5mm2本目から3本目の伸び平均が13.3g

私のデータでは結構2本目から3本目で伸びていますね。KLBデータと見比べると私の方は2本目平均が5g以上軽いのに対して3本目では逆転しています。これはオアシスの特性なんでしょうかね?

双方の平均値を見ると、KLBは29.7gで79.7mm、私は33.7gで83.5mmという事は一般的に言われている30gが80mmの目安でそれ以降1g=1mmというのは大体あっている気がします。
という事はKLB1部昇格条件の85mmは35g複数いたらなんとなく期待出来そうですね。次に1部昇格条件の85mmUPのデータに絞って見ていきます。



19年KLB85mmUPデータ一覧
202011230741345dd.jpeg



304頭の内21頭が85mmを超えていました。 6.9%の狭き門ですね。



続いて私の85mmUPデータ一覧

20201123074311605.jpeg




106頭の内21頭が85mm越えています。まさかのKLBと同じ頭数となりました。率は19.8%で5頭に1頭という感じです。

KLBでは85mmUPした3本目最小が34.0g、私は33.4gですので、1部昇格する為には35gが一つの目標とみて間違いなさそうです。
そして85mmUPに絞った場合の2本目から3本目の伸び平均はKLBで8.3gで私のは14.9gです。やはり大きくなる個体は2本目で伸びているなぁって事が分かるかと思います。

上記が上手くいったデータですから続いては、逆に35g以上で85mm未満だった個体を見ていきます。


KLB35g以上85mm未満データ

202011230744359db.jjpeg


KLBでは22頭いました。35g以上で順当に85mmUPなのは15頭ですので半数以上は85mm未満という厳しい世界でした。
上は38.4gから84.5mmで中には36.0gから79.2mmと80mmすら切っている個体も。今回のデータは不全やセミが入ってない為、それらを合わせるとさらに厳しい世界になりそうです。

果たして原因は何か?
KLBデータを見ると分かりますが、暴れなのかスイッチ入らなかったのかで4本目へ交換している個体がほとんどです。

原因は劣化なのか酸素不足なのか温度変化なのか・・・それとも幼虫の個性か!?永遠の課題ですね。怪しそうな瓶は躊躇なく4本目へと交換した方が良いのか。今年は少し試してみたいと思っています。


私の35g以上85mm未満データ

2020112307462715e.jpeg



私のデータは全て入力済ですので不全、セミ、B個体全て入れてみました。結果、35g以上85未満が28頭もいました。内訳は、A&A'が6頭、Bが6頭、不全が7頭、セミが9頭となっています。

私の35gUPは56頭いたので28頭だとちょうど半分です。現実はもっと厳しいと思いますが、2頭いれば1頭は85UPしてくれそうと思えば何となく出来そうな気がしてきませんか!?


私の原因もやはり暴れが多数。暴れの原因は蛹化スイッチを上手く入れる事が出来ませんでした。
蛹化スイッチが入らなかった原因は、冬温度が中途半端かつ短かったせいで成熟が遅れたものと思っています。6月初旬羽化予定が初羽化が7月初旬とかなり遅れてしまいました。この部分を何とか修正して、自己ベストを更新していきたいと思います。

以上でブリードデータの有効活用を終わります。
何気なくUPされているブリードデータですが、じっくりと見るとヒントを拾えるかもしれません。菌糸の特性や幼虫体重の推移から管理温度の推測、当たってる組合せ、ブリード環境が似ていて結果が出ている人と自分との差など色んな見方で見てみて下さい。先輩ブリーダーのあの方やあの方も自分のブログにお宝データをアップしています。もちろん私も(笑)興味が沸いた方は是非とも他人様のブリードデータを有効活用して下さい!

拙い長文になりましたが最後までお付き合いありがとうございました。




続きましてはいよいよ本題のプレ企画となりますのでもう少しお付き合い下さい。

昨年KLBブログの企画でかっちゃんさんのスペシャル個体を頂きました。今回は、頂いた時から決めていた恩返しプレとなります。本来なら頂いた個体の直子を景品にと思っていましたが、力不足により親越えを果たす事が出来ませんでした。
従って別のラインからになってしまいますが下記商品をご用意致しました。




【プレ企画概要】

【商品】
合計0~150アクセスの場合は下記個体
RN19-7 85.5mm単品

20201210191209f1bjpeg



合計150~200アクセスの場合は上記個体か下記個体のどちらかを選択して下さい。
RN19-7 86mm単品


20201210191527f55.jpeg




合計201アクセス以上の場合、上記個体を両方とも各1名様に54mmか55mmの♀とペアにしてプレゼント致します。


【参加方法】
私のツイッター(@rona_fc)にてブログ投稿日の4日後にツイートするのでそこへ参加リプをお願いします。
参加条件は特にありません。リツイートやフォローなどは必要ありません。抽選方法は抽選アプリにて行います。

【当選確率を上げる方法】
ブログ投稿日から3日間の間に下記条件のいずれかをクリアした方は当選確率2倍、両方の場合は当選確率4倍とさせて頂きます。

・私がツイートする拡散お願いツイートをリツイートして頂いた方

・このブログのコメントに今回のブログの感想や久留米愛など何でもいいのでコメントして頂いた方

これにて本当に終了!ありがとうございました!
目指せ200アクセス!!
今後ともKLBをよろしくお願い致します。
スポンサーサイト



[ 2020/12/12 08:35 ] KLB 2019 | TB(-) | CM(40)
KLB 入力フォームダウンロード
入力フォームのダウンロード方法
管理表送信マニュアル
Access Counter
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
KLBメールフォーム
飼育管理表は下のリンクから送信下さい
QRコード
 QR