FC2ブログ
久留米限定バトル(KLB) オフィシャルサイト TOP  >  KLB 2020 >  KLB参加メンバー紹介第3弾・☆hiro☆さん

KLB参加メンバー紹介第3弾・☆hiro☆さん

事務局チョネです。
ここまでの2020KLB参加者の中ではひとつ頭が抜けているJUUさんが断トツ二桁の得票数です。
御本人のブログ記事では確か今期計画的な4本返し(羽化ボトル)を実践されている記述がありました。ツイッターはされておりませんが、skipさんとは同期でライバル。丁寧で貴重面な性格でありながら、今年の羽化ボトルへの交換本数は約200本と豪快。
柔というよりは剛。柳剛さんの上、ヒロミ郷よりはやや下に位置するJUUさん。そのあたりの結果も興味深いところ。

また昨年残念ながら1部から2部Aに降格してしまった4名のブリーダーは、前回の雪辱を果たすことを期待し、どなたにも投票が集まってるようです。途中経過も良いですからね。降格、昇格ルールにより参加者の意地が、また閲覧者にはその熱が伝播することは事務局としても大いに期待したいところ。

そして虎視眈々とごぼう抜きを目論む2部リーグ精鋭陣にも票が集まっています。中でも、鯛めしさん、よんぴ〜さんは飼育歴1年目ですからね。昨年飼育歴1年目ながら久留米産地で87.5ミリを作出。今年のビークワ企画代表に選出された、やまさんのように一気にスターダムへとのし上がるブリーダーが2020KLB、2部リーグから現れるのか!

KLBラインの競い合い以外でも、全国におられる参加者の実績や情報は、スポットライトを浴びていただける機会をと考え、こちらでも取り上げていきたいと思っています。ひとつの企画を通じて全国区へ!



本題です。今回のブログ記事担当の2020KLB参加者、☆hiro☆さん。私も正直なところブログを所有されていることを知ったのはごく最近なんです。
なにしろ飼育歴は、オオクワブリード界では著名なクマモンさんよりも長い25年とKLB参加者では最長。エアコンが設置できぬ条件の中、専用ブリードルームで飼育をされておられるようです。
そのあたりの苦労話を掘り下げるのはまた次回として、今回はオオクワガタ飼育今昔物語として、オオクワガタを養殖し繁殖する。ブリード初期の時代を振り返っていただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




愛知県に住む☆hiro☆と申します。
オオクワガタが『目指せ70mm』と言った時代からブリードをしています。
時代と共に70mm、75mm、80mm、85mmと何とか時代に食らいついて来ましたが、85mmが壁となり現在は目指せ90mmでブリードをしています。ブリードルームは10畳程ありますが、築50年の古家で隙間風も入り込み、ブレーカーが10Aの為エアコンが使えない劣悪の環境の下、なかなか実績が伴えず試行錯誤のブリードが続いています。
国産オオクワガタは久留米、能勢YG、他にホペイ、オウゴンオニ、ニジイロ、ギアスゾウカブトを飼育しています。



私がブリードを始めた25年前、オオクワガタは3大産地、大阪(能勢)、山梨(韮崎)、福岡(筑後川流域)と岡山(津山)、千葉(横芝)などが人気があり、70mmで5万円程度が相場でした。
現在のようなブリード方法が確立されておらず、産卵は通常の産卵木をグルタミン酸溶液などで加水し、セットを組むのが通常でした。♀親も高タンパクゼリーなどが存在しない時代であった為、カブトムシの蛹を餌で与えタンパク質を補い産卵数を増加させる方法がありました。


幼虫飼育は菌糸瓶飼育、材飼育、マット飼育が主流で、良型を出す為には材飼育と言われ材飼育をしていた方も多かったと思います。菌糸瓶は現在多く使われているブナが劣化が早いとされ別名『サバ瓶』と言われ系円されクヌギの菌糸瓶が殆どでした。

飼育環境も温度管理の概念が無かった為、全て常温飼育の時代でしたもので。そのため自然界と同じ70mmが一つの壁だったと思います。


1990年・フジコン生態価格リスト
20210319133912cb6.jpeg




当時は今のようにインターネットが普及されておらず、クワガタ専門雑誌もなかった為、ショップは熱帯魚専門雑誌に間借りして広告を出していた時代です。生体や用品もショップに電話で問い合わせ、紙のリストを郵送かFAXで送ってもらったりしていました。支払い方法もネットバンキングが存在していなかった為、振込確認に都度銀行に確認に行くのが手間な為、支払いは現金書留が主流。

個人間の取引もオークションサイトやSNSが無かった為、情報雑誌『クアント』や『ジャマール』に掲載し取引を行う形でした。また当時の情報雑誌は生体の取引が規制されており、『動く標本』などの言葉が目立っていました。


外国産のクワガタは殆ど流通されておらず、当時日本最大規模の奈良県のショップが輸入し販売をしていた位です。
しかも当時は植防法で輸入が禁止されており実際には存在しないはずの外国産の虫が流通していた為、こちらも『動く標本』として出回っていました。植防法で外国産の虫の輸入が解禁されてから一気に多種類のクワガタ等が輸入され外国産昆虫のブームに繋がりました。

菌糸瓶の研究も進みオガの粒子の粗さや菌種の工夫がされ、温度管理の理念が根付き徐々に今のようなブリード環境になっていき、オオクワガタのサイズも80mm、85mmと徐々に更新されて行く時代になっていきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


パソコン、インターネットの普及していない四半世紀前はなんと不便なことか。逆に情報も、生態も気軽に入手できる。当時と今を比較することで、あらためてなんとも便利な時代になったものだなぁと、つくづく感じます。
ただ昭和の人間である私の場合、あまりに便利に、なんでも手に入るが故の弊害もあるように感じてしまうのは私だけでしょうか。
☆hiro☆さんですが、購入されている種虫はどれも一級品とお見受けしました。やはり血の力は大きいですからね。これを機に今後☆hiro☆さんのブリード推移にも注目してください。
以上オオクワガタブリード今昔物語でした。




スポンサーサイト



[ 2021/03/20 06:45 ] KLB 2020 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
KLB 入力フォームダウンロード
入力フォームのダウンロード方法
管理表送信マニュアル
Access Counter
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
KLBメールフォーム
飼育管理表は下のリンクから送信下さい
QRコード
 QR